旅行・地域

春の鎌倉

ほぼ恒例化している鎌倉遠足。

この時期に行こうと思ったのは、以前伺ったとあるカフェがきっかけ。

その店のマスターとおしゃべりしているうちに
わたしの好きなイラストレーターさんについて話が弾んで
そこから、その方に縁のあるお店をいくつか紹介してもらった。
ちょうど桜の季節になるので、宿をとって行ってきた。
(・・・とは行っても、桜にはちと早めだったかな)

江ノ電に乗って、長谷駅からてくてく歩いて長谷寺へ。
入り口付近にそびえ立つしだれ桜や木瓜の花は、ちょうど見頃。

花の寺、光則寺のしだれ桜も春の光をうけながら
微笑むように優しげに咲いていた。

Kamakura200903_040_small

淡い桜色に
こころも和む・・・

Kamakura200903_042_small

ふわふわした、三椏の花もたくさん見かけた。
ピンク色が華やかな海棠は、満開まであと少し。

次々といろんな花が咲きはじめて、この季節に彩りを添えていく。


遠足の定番スポットでもある、高徳院の鎌倉大仏。

Kamakura200903_063_small

ごぶさたしております


すっかり観光気分。
久しぶりに大仏さまの胎内にも潜入してみる。
古都鎌倉らしく、海外からの観光客も大勢見かけた。


帰り道に、今回行こうと思っていたお店「middles」に立ち寄ってみる。


先住民族の作る作品や楽器、フェアトレード商品などが揃っていて
テイクフリーの情報誌や関連ショップのフライヤーなども充実している。

ここでも店主の男性と色んな話が弾んで
わたしの好きなイラストレーターさん(看板の絵を描いてる人)について切り出すと
色々と情報を下さったり、そのために知り合いに電話までしてくれたり
そのイラストレーターさんの人となりを語ってくれたり・・・
ええ人やなぁ~・・・(T▽T)


そこで得た情報を素に、次はマクロビオティックのカフェ「麻心」へ。

Kamakura200903_075_small

目の前が海、という絶好のロケーションで
カラダにもココロにもやさしいごはんをいただく。

先日の断食体験以来、自然食を欲している自分がいる。
玄米とか十穀米とか、以前なら興味なかったのに・・・

このショップのフライヤーも、例のイラストレーターさんが描いている。
この店の店員さんとも、その方の話で盛り上がった。
ご本人にはまだ会ったことが無いというのに
まだ見ぬイラストレーターさんが繋いでくれる縁。
不思議だけど、おもしろい。


ごはんを食べてから、ゆるゆると由比ガ浜の海岸線をお散歩。

Kamakura200903_076_small

音楽を奏でる人がいたり・・・


Kamakura200903_086_small

こちらはサーフィンですね


潮風を受けて気持ちいい・・・というか
かなり全身磯くさくなり、そのまま若宮大路を歩いて鎌倉駅に到着。
小町通りでピアスを買って、夕食を摂り、宿へと向かった。

*

翌日は本覚寺、妙本寺を巡って鎌倉の市場を覗きつつ
午後は予約しておいたワークショップへ参加してから、帰路へ。

*

今回も、ぶらりと歩いていてカワイイお店を発見したり
出逢った人とお話しているうちに次の道標へと繋がったり
収穫の一泊二日でありました。

動いてみることって、大事。
ワクワクすることって、やっぱり大事だね。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ファスティング行ってきました


先週のことになるけれど
伊豆高原のファスティング・リトリート(断食施設)にて
3泊4日の断食生活をしてきた。

本来なら1週間が理想的なようですが・・・
予算的な関係などもありまして、とりあえず今回は3泊プランにチャレンジ

断食とは言っても、スパルタ断食道場!!みたいなイメージとは程遠く
温泉あり、岩盤浴あり、足湯あり、マッサージあり、ヨガあり
ココロとカラダに優しい、自然療法施設なのだ。

目的は人それぞれ
体質改善、ダイエット、自然の中でリラックス、などなど。


近頃お疲れ気味だったわたしは
カラダとココロとアタマを空っぽにしたかった。
「リセット」が今回のテーマだった。

*

《1日目》

朝から水しか飲んでいない状態。
昼過ぎに雨の伊豆高原に到着。

施設に到着後、順番に個別面談と自律神経検査。
自律神経検査では、わたしの内臓のエネルギーが
自分でも可哀想になる位に落ちていることが判明(特に胃腸)
ストレスで胃腸の消化が悪かったし、発熱もしたしなぁ・・・と納得。
その後、吸い玉(カッピング)を受ける。
血中の老廃物をお小水で排出するデトックス効果があるらしい。

夕食?の酵素ジュースを飲んで初日のオリエンテーリング。
温泉に浸かって、22時に就寝。


《2日目》

雲は多いけど、なんとか晴れ。

早朝から、「中国のラジオ体操」と言われる気功体操をしてスッキリ。
その後、治療(マッサージ、EMS電気治療、ひまし湯シップ)を受ける。
もー、超極楽!このまま寝てしまいたかった。

その後、朝食(と言っても野菜ジュースのみ)をいただき、夕方までフリー。
とりあえず散歩。けっこう歩く。
坂道が多いので、空腹でかなりの運動だけど、食べていないわりに元気。

大室山に向かう途中で、思いがけずフェアトレードショップを見つける。

Izu200902_012_small

居心地がよくて、オーナーさんもいい雰囲気で、ついつい長居してしまった。
以前ネットで売切だったバンダナがあった!ラッキー♪
しかも、以前から欲しかったチベタンベルを、ここで見つけてゲットした。

Izu200902_010_small
チベタンベルの音を確かめて選んでおります


いいお店を発見できてラッキー
あったかくてシアワセな時間を過ごせた。

帰ってからヨガのクラスに参加して、夕食の野菜スープをいただく。
夜は体質改善講座に参加し、温泉でまったりして読書の後、就寝。

食べていないせいか、体が軽い気がする。
つくづく健康的な生活だ・・・


《3日目》

朝から雨。
早朝から気功体操に参加。

そして、きました。
食べてないのに以外と平気じゃん、と思っていたら
3日目の朝、立ちくらみと胃がきしむ感じ、チカラが出ない感じ。
「あー、これかー・・・」と思いながら、ハブ茶(断食中飲んでよい)
を飲んで気を紛らわす。
昨日までのテンションどこへやら。

が、しかし、この日の朝食から回復食にグレードアップ。
ゆるーいお粥と、豆腐の味噌汁、ちっちゃーい梅干、以上。
それでも、ひと口食べるごとに、食物のエネルギーが
カラダにどんどんエネルギーを与えていくのが実感できる。
他の人も言っていたけど、お粥と味噌汁だけなのに
アタマがじんじんしてきて、カラダがものすごく熱くなってきた。
貧血状態だったけど、だんだん朝のグロッキー状態から回復してきた。
そして、久しぶりに「歯」を使っていることに気がついた。

この日も治療(マッサージ、EMS、しょうがシップ)で昇天し
しあわせな気分のままお昼寝。
その後、思い立って「ワイルドスミス絵本美術館」へ行く。
大好きな絵本の世界に浸り、帰りもガラス美術館など覗きながら
5Kmの距離をさくさく歩いて帰る。

夜の回復食は、やはりお粥と味噌汁と梅干。そしてニンジンのシャーベット。
胃が小さくなったのか、これだけでお腹いっぱい。満足。

その後、肩こり腰痛体操に参加し、1時間カラダをほぐす。
施設から「断食よくがんばりました」のフルーツティを振舞ってもらい
参加者みんなでおしゃべりしながらティータイム。
「これが最後の夜かぁ」と感慨に耽りながら、就寝。


《4日目》

朝から気持ちよく晴れ。

AM6:30に集合して「サイレントウォーク」へ。
断食で研ぎ澄まされた感覚を使い、早朝散歩。
小鳥のさえずり、緑の匂い、きんと冷えた空気。
リスもたくさん見かけた。
高台から、朝日に輝く海を見た。
この数日、体操だのヨガだの散歩だので、何気に筋肉痛になっている・・・
でも、なんだか心地よい痛み。
カラダもリセットされて、アタマもクリアになって、澱みがない感じ。

そして気がついたけど、数日ぶりに排便があった。
食べていなかったから、当たり前なんだけど
本当に、体内がいったん空っぽになって、リセットされたんだ・・・

個別の退所面談。
3日前より体重1.3Kgダウン、体内年齢は4歳若返った!
自律神経の内臓数値は、胃の働きが格段にアップした。
続いて、腎臓、肝臓の数値がアップ。
全体的に標準値まで上がっていた。いやー、嬉しい。
いかに内臓が疲れていたかだよね・・・ごめんよ、アタシのカラダ・・・
その後、待望の普通食♪
玄米、味噌汁にお浸しや惣菜数品、デザートまでついていた。
ひと口ずつ有難くいただく。
その後、チェックアウトし、共にがんばった皆ともお別れ。

Izu200902_025_small

時間があったので、城ヶ崎海岸で途中下車し、海を見てから帰路へ。
(向こう岸に大島が見えてます)

*

いやー、本当に行ってよかった。
カラダが疲れたら休むように
内臓だって疲れていたら、休めればいいんだよね。
こんな単純なことを、実践してこなかった。

ストレスで飲んだり食べたり
本当にカラダが欲していなくても
時間が来たから無理やり御飯を詰め込み

胃腸は休みなく働きつづけていたんだ。

かわいそうなことをしていたなぁ。

ちょっと休めただけで、活力をとりもどしたし
余分な老廃物も出てスッキリしたし
肌の調子も良くなった気がする。

ココロとカラダに向き合って
ゆったりとした時間の中で自分を取り戻すことができた。

施設もキレイで暖房やらサービスやら、行き届いているし
スタッフの皆様もとってもいい方ばかりで、本当に快適に過ごせた。

いい経験をしたよ。
ありがとうございましたーーー♪

きっとまた、リピートするぞ☆☆☆ → やすらぎの里「高原館」
 

| | Comments (3) | TrackBack (2)

いざ

いざ

雪が舞い散る東京駅


これからカラダもアタマも空っぽになりに行ってきます

色んな意味でデトックスの旅です

とりあえず寒いので、今晩はゆっくり温泉に浸かりたいなと(* ̄ー ̄*) 


それでは、しゅっぱーつ(ぽっぽー♪)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

思ったんだけど

  
Kamakura0807_001

鎌倉 長谷寺のお線香は、なんだかかわいい。
 

 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鎌倉その弐

 
2日目は予報通りの晴れだったので
江ノ電に乗って海でも見に行くことにした。

とりあえず7時に起きて朝ごはんを食べる。

昨日歩き疲れたせいか、準備もなんとなくだらだらしてしまい
そのうち電話が来たのでしゃべったりしているうちに、予定より遅い出発になってしまった。


Kamakura0807_002
鎌倉高校前駅から見える海

Kamakura0807_045Kamakura0807_041Kamakura0807_036
長谷寺の眺望散策路から見た海

Kamakura0807_008 Kamakura0807_011_2

暑くて体力消耗したので、ベルグフェルドにてランチ


鎌倉の大仏様の近くまで来ていたんだけど
あまりにも暑くて足が向かず・・・
去年見たからいいか・・・と思い、少しでも帰る方向に向かおうと
由比ヶ浜方向にてくてく歩き出した。


江ノ電沿線を歩いていると、ウェットスーツでチャリに乗ってる人や
サーファーが普通にあるいていたりする。

日に焼けた男子も女子も、なんだかラフでカッコよく見えてしまう。


前日のハイキングウォーキングな感じとは違って、ぶらりお散歩気分。


天然酵母のパン屋さんや
すごく小さくて目立たないけど素敵な雑貨屋さんや
思わずパチリと撮りたくなる看板なんかに出逢えるのは、散歩ならでは。


暑い中、二日間かけてけっこう歩いたけど
それぞれの観光スポットも、わりと歩いて周れる範囲にあるから
遠足にはちょうどいいや。

すっかり鎌倉遠足、くせになっております。


今回は少しシーズンを外したせいか
どこに行ってもそんなに混雑しなくてよかったけど
やっぱり来年は紫陽花の季節に、混雑覚悟で訪れてみたくなった。


わたしにとっての、お気軽気分転換。


またふらっと行ってくるぜよ ( ̄ー ̄)b
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鎌倉その壱

  
だんだんと自分の中で定番化してきた鎌倉遠足。


紫陽花の時期も終わってしまったけれど
またふらりと一泊で行ってきた。


しかし・・・ここのところ疲れが溜まっているせいか
鎌倉に着いてもすぐには活動モードになれないどころか
ヘロヘロで目もうまく開かず、むしろマッサージでも行きたくなるあたす。

その割りに、せっかく来たからには色々周りたくなる貧乏性なあたす。


とりあえず土曜日は天気イマイチのようだったので
海側に行くのはやめて、北鎌倉からてくてく歩き出す。
駅前の円覚寺には立ち寄らずに、まずは東慶寺へ。

*

「縁切り寺」とか「駆け込み寺」とか言われているから
なんとなく物騒なイメージが付きまとっていたんだけど
こじんまりとしつつも、なんとなく優しげな印象を受けた。

Kamakura0807_026_2
ちょうちょがお食事中


今の時期は桔梗や百合が咲いていたけれど
紫陽花や菖蒲の時期は、もっとしっとりとした趣がありそう。

*

東慶寺を後にしてから、近くの浄智寺へ。
絵画クラブの人たちがスケッチをしていた。
確かに、石段と鐘楼門のバランスが絵になる感じ。

門をくぐると、なんとなくおなじみの香りが・・・

「エンピツビャクシンだ!」

と思ってふと見ると、こんな看板が。

Kamakura0807_034Kamakura0807_037

 

  

  

  

  

  

  

 
  


そーだそーだ、この香り。
シダーウッドだわ。


思わぬところでアロマテラピー


宗教儀式に縁のある樹木だからね。

*
 
そこからどうしようかなー・・・と思って、なんとなくガイドブックを見ていたら
「浄智寺から源氏山を歩いて、ご利益巡り」 というページを見つけた。


布袋様、銭洗弁財天、お稲荷さんを巡りながら
大自然も楽しめるトレッキングコースだとか。

別にご利益巡りに興味がある方でもないと思うんだけど
ちょうど浄智寺にいたから、行ってみることにした。

途中、道に迷って現地の人に聞いてみたら


「えっ、ここから行くの? こんな暑い中、めんどくさいよ。
 観光なら建長寺方向に行ったほうが色々楽しいんじゃない?」


なんて言われた。
確かに体調万全でもないんだけど
まぁ・・・せっかくだし、銭洗弁財天にも行ってみたかったし。


で、言われた通りの道に言ってみたら、なんだかやけに激しい坂道が登場。

観光客らしき人も通っていない、住宅街だし。

ほんとにこの道で大丈夫なの?と思ってガイドブックを見てみたら
どうやらこの坂は「亀ヶ谷坂切通し」ということがわかった。
この坂の名の由来は、「亀も引き返すほど急な坂」 ってことらしい。


あれ?


ガイドブックで紹介されている「ご利益巡り」のルートから外れてる・・・


道を教えてくれたおじさんは、何故だかあえて遠回りの
しかも獣道っぽいルートを教えてくれた模様・・・
 


なぜだ。
 


まだまだ修行の足りないつるこを苦難の道に導いたんか?
  
 


ようわからん。


坂を下りると明らかに普通の住宅街。
蒸し暑いので、水を飲み飲み、よくわからないまま道なりに歩き続ける。


半信半疑のまま、けっこうな距離を歩いていくと、「銭洗弁財天」の看板が。

方向間違っていなかったのね・・・と思いながら進んでいくと
舗装のされていない急な坂道が、突如現れた。


ていうか、舗装どころか荒れているんですけど!!

Kamakura0807_039_3


ゴツゴツした岩が飛び出ているし
道も濡れてぬかるんでいるし、泥の中からミミズが元気にお出迎え。
足元は滑るし、急な坂で油断できない。
ジーンズとスニーカーでよかった・・・
雨に降られたり、日が沈んだらアウトだよ・・・


この坂は「化粧坂切通し」という道だった。


切通しとは、源頼朝が鎌倉に幕府を開いた際に
山の険しい道を一部整備して交通の便をよくしたものらしい。
けれど敵の侵入を防ぐために、岩を置いたり足場を悪くしたり
ぐちゃぐちゃな状態にしたりと工夫がされていたらしい。

なるほど。 色々考えられていたんだなぁ。


そんな道を汗をかきながら登ると、平らな場所に木々や緑が。
確かに大自然満喫だよ。
鳥のさえずりに耳を傾けて、緑の香りを深く吸い込む。
こんなに木陰やそよ風が心地良いとは・・・久しぶりの感覚。

Kamakura0807_047_2Kamakura0807_043_2Kamakura0807_048_3

 

 

 

 

 

 

  

 

 

平らな場所は源氏山公園というところだった。

Kamakura0807_021


そこから歩いて「銭洗弁財天」に辿り着いた時はマジ嬉しかったっす。

Kamakura0807_025_2


線香の煙で身を清め、蝋燭に火を灯し
ザルの中にお金を入れて、湧き水で洗うとお金が増えるとか。

わたしも小銭をいくつか入れて洗ったんだけど
小銭から札からビシャビシャになるまで洗いまくってる人もいて
そんな人間模様を見るのが楽しかった。


Kamakura0807_022

その後立ち寄った「佐助稲荷神社」は、正直もうやっつけで
汗だくでよたよたと向かい、急な石段を登ってとりあえずお参りしたけど
疲れたのでとっとと後にした。 (お稲荷さんごめんなさい)

*

その後、今日のごほうび?に
抹茶白玉クリームあんみつを食べたんだけど
その店でお会計をしていたお客さんが

「ごめんなさい、銭洗弁財天でお金洗っちゃったから」

とか言って、しんなり濡れたお札で支払っていたのが笑えた。


暑い中、相当歩いて疲れたけど
歩いたからこその発見もいっぱいあった。

行く先々で 「ホーホケキョ」 と鶯の鳴き声がしたり、色んな蝶を見かけたり
素敵なお店を発見できたりしたし。


調べてみたら、銭洗弁財天には、もっと楽に行けるルートが色々あったんだけど
あえてめんどくさいルートで行ったことで、ふたつの切通しを歩けたし
銭洗弁財天に辿り着いた時のありがたみが違ったよ。


帰り道に偶然タイ古式マッサージとリフレクソロジーのお店を発見して
歩き疲れた足をほぐして極楽気分を味わえちゃったし。
鎌倉を訪れる時には、また立ち寄ろうっと。

*

元々の疲れプラス、思いがけずトレッキング風になっちゃったけど
カレーをバクバク食べて、ゆっくりお湯に浸かって、ぐっすり眠りましたとさ(_ _)
 

| | Comments (0) | TrackBack (2)

梅の香りに癒されました


先週はかなり疲れたけど
土曜日にたっぷり寝たせいか、日曜の朝は爽やかに目覚めた。

で、思い立って

またまた鎌倉日帰り遠足に行ってきた。


花粉はかなり飛んでるけど、医者の薬を飲んでいるから、かなり楽だし
天気も穏やかで、午前中には鎌倉に着いたし。
すべてが順調♪ ← このときはまだそう思っていた・・・;

時期としては、ちょうど梅の頃。

迷ったあげく、北鎌倉方面はあきらめて、二階堂方面へ行く。

浄妙寺 → 杉本寺 → 荏柄天神社 → 宝戒寺 とゆっくり巡って
あとはお散歩して鎌倉駅まで帰ってこよう・・・と、大まかにコースを決める。

2008_3_014

2008_3_063

2008_3_047

2008_3_007

2008_3_069

色んなお花が咲いてたよ。

梅も色によって、香りが違うんだよね・・・
鼻をくっつけて、深く呼吸をして、春の香りで満たしていく。
水仙もいっぱい咲いていた。
なんだかほんとにいい香り・・・♪


それにしても。

実は今日の遠足、しょっぱなからやっちまいました。


最初に行った浄妙寺で、高台のベンチに座りながら
持ってきていたパン、「ヤマザキ・ランチパック・いちごホイップ」を食べていた。

受付でもらった浄妙寺のしおりを見ながら、ぼーっとパンを食べていると
突然、後ろからなにかハタキのようなもので殴られるような衝撃が・・・!


思わず「ぎゃっ!!」と叫ぶわたし。


しばらく何が起こったかわからず呆然としてしまった・・・
 


と、ふと気がつくと
手に持っていたはずの「ヤマザキ・ランチパック・いちごホイップ」がない!!!


視線の先には、なんだか妙にデカイ鳥がひゅーんと飛んでいる・・・


はっ! そういうことか!!


とんびだ!とんびにやられたんだ!!


わたしの「ヤマザキ・ランチパック・いちごホイップ」がぁぁっ!!!


 
・・・頭の中を、♪飛ーべ飛ーべー、とーんびー、そーらたぁかぁくぅー・・・・♪

と、小学校で習ったとんびの歌が流れ出す・・・


ヤツはわたしをぶん殴った上に朝食のパンを奪って去って行ったよ・・・


と、ハプニングにぽかんとしながら砂利の坂道を下っていく間
よそ見をしながら歩いていたら、今度は足を踏み外してしまい
そのまま坂道を転がり落ちてしまった。
アホだぁ・・・

あんなに派手に転んだのって久しぶり・・・

しかも、足を打ちつけてジーンズも破れてしまい
めくりあげたら肉が破けて裂けて、血がとまらないし(ToT)
ティッシュはすぐに血で染まるし、絆創膏はあっという間に真っ赤になっちゃうし。
傷の部分も腫れ上がってきて歩くと痛む。

あたす何やってるんだろか。


でも、坂道でひっくり返りながら、わたしはおのずと


「い、戒めだ・・・」


と口にしていた。

とんびに食料奪われたのも、派手に転んで流血するのも
自分がぼーっと締まりがなく、無意識で隙だらけだったからだ。


2月はほんと、意識に残らないほどあっという間に過ぎちゃったからなぁ。


3月はもっと、気を引き締めて意識的に過ごそうと思う。


それにしても、足を痛めてから改めて思ったけど
お寺巡りは、階段が多い上に、正座をする機会がすごく多い。
今日は傷が痛む上に血が出るもんだから
その後のお寺巡りで階段がきつかったのと、お参りする際に正座するたびに
傷口が傷んで 「んぐっ!」 とか 「ふごっ!」 とか
おかしな声を出してしまった・・・(しょんぼり)


でも、帰りに寄った石屋さんのおねえさんが言うには
梅の花って、女性にとっての浄化パワーがあるんだって。

その石屋さんも、買い付け直後だったそうで
お店の中はセージを焚きまくっていたので、自分まで浄化された気がしたよ。


その後はなんだかすっきりしたせいか、急におなかが空いてきて
こ寿々で蕎麦とわらび餅食べちゃった。

 

はぁ、うまかった。

終わりよければ、すべてよし、だな♪
 


| | Comments (2) | TrackBack (0)

鎌倉散歩

夏の鎌倉散歩に味をしめて
晩秋(ていうか冬?)の鎌倉を訪れてきた。

日帰りで行ける距離ではあるけど、あえて一泊で。
帰りを気にしなくていいし、翌日も朝からぶらぶらできるし。
(夜は久しぶりに湯船にじっくりつかったら湯あたりしてしもたが ・・・ )

今年は全く旅行に行かなかったので
今年最後のささやかなゼイタクなのだ ^m^ クフフ


正直、紅葉はピークを超えていたし
気候のせいもあってか、色褪せたまま枯れてしまった部分が目立ったけど
青空の下、しかも平日の昼間にお散歩できるってなんともシアワセ♪

2007_12_002_7

2007_12_006

2007_12_009

雑誌で見つけたカフェ風食堂で遅めのランチ
この日はパンの気分だったんだけど、ごはんものも美味しそうだった。
つけ合わせもデザートも美味しかった〜♪

小町通りや若宮大路沿いのお店をぷらぷらし、途中にわか雨に振られながらも
お店の人とおしゃべりしたり楽しい時間を過ごしながら、建長寺に向かっている途中に
とっても嬉しい出来事が!

2007_12_011

大きな虹が出たのです!


しかも、鶴岡八幡宮の赤い鳥居の周りをまあるく取り囲むように!

思わず 「うわ!」 とか大声出して、しばらく見とれてしまったよ・・・

実物はもっと鮮やかな七色で、正面から見ると
ちょうど赤い鳥居の周りに、絵に描いたようにぐるりと虹の橋が架かっていた。

偶然にしては出来すぎたシチュエーションだったな〜
なんだかいいことありそう♪


で、建長寺に行ったのは、坐禅会に参加するためなのであった。

クリスマスも近いというのに、なぜか坐禅をしたくなった。
今回鎌倉を訪れた目的のひとつでもあった。
とはいえ、ちゃんとした坐禅は全く初めての体験。
ちょっとドキドキ。

12月の寒い中、裸足で座禅。
しんとした境内と線香の香りの中、はじめに手引きに沿ってお経を誦み
その後、説明を受けてから坐禅をくむ。
お経を誦えるときも、腹から声を出すことが気持ちよかったけど
坐禅中、呼吸がどんどん深くなることが本当に気持ちよかった。
背筋を伸ばし、半眼で。
瞑想とはまた違う。
確かにここに居るという感覚。
もっといろんなことに気をとられるかと思ったけど
体が痛いとか、時間が長いとか、寒いとか、おなかが鳴るとか
そういうことが全く気にならなかった。

日々の生活でもできることだと思うけど、こういう機会を利用して
また是非参加したいと思った。

*

翌日も快晴。
午後にアロマトリートメントの予約をしていたので、それまで散歩。
活気のある朝市で温かい豚汁をごちそうになったり
思いがけずとっても素敵なシルバーアクセサリーの小さなお店を見つけたり
道に迷ったおかげで、行きたいと思っていたスイーツのお店を発見したり
嬉しい偶然がいっぱい。

ゆっくり歩くと思わぬ発見があって楽しい。
散歩の醍醐味だ♪

お寺や神社もいくつか巡った。
鶴岡八幡宮では結婚式の真っ最中だった。
本覚寺、鎌倉宮、杉本寺を周ったらもう辺りは暗くなってしまった。


それでもゆっくり堪能できて、ちょっと旅気分も味わえたし。
また時間を見つけては、ちょくちょく鎌倉通いしようっと ♪

*

<番外編>

2007_12_042_4

散歩中に見つけたアロエの花


| | Comments (3) | TrackBack (0)

鎌倉に来ています

鎌倉に来ています

ご当地ビールならぬ、ご当地サイダー

爽やかで美味しいよ。


* * * * *


江ノ電に乗ってぶらり旅。

明日受ける講座の場所が鎌倉なので
せっかくなら宿泊して観光しちゃおうっつー魂胆です♪


長谷寺をゆっくり味わって、高徳院で久しぶりに鎌倉の大仏様とご対面。

まるでノープランのぶらり旅って楽しいな♪


* * * * *


一日満喫していい感じだったんだけど
夜になったら湘南地方は大雨洪水警報で、ものすごい雨と雷!

ちょうどデパートのエレベーターに乗ってる間に
ものすごい爆発音がして(どうやら雷だったみたい)
なんとエレベーターがガタンと止まってしまったよ!!!


「しばらくお待ちください」という緊急時のアナウンスが流れてきた・・・


なんなの?ドラマみたいじゃん。


幸い5分くらいで動きだしたから良かったけど、やけに長く感じたよ。
初めてだわ、こんなの。


そんな雷雨の中、ホテルに帰ってきたら体が冷えてしまったようで
今とーっても「おなか急降下」なんです・・・


旅にはハラマキ持参するべきだったよ。キュルルルル・・・( ̄▼ ̄;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

いちごのトライフル

イギリス滞在中の写真を、今になって整理した。
写真が膨大な数でアワアワしてしまった。
かなり抜粋して、ようやく500枚以内に収めた。

なんだか今や懐かしいなぁ。
半年前のことなのに、もっと昔のような気もする。
ロンドン以外にも、カンタベリー、グリニッチ、コッツウォルズ・・・
時間をフルに使って動き回ったんだなぁ・・・
としみじみ思うよ。

そんな英国気分に浸っていたら、急に食べたくなったものが。

イギリスの一般的なスイーツ、トライフル。
トライフルは、スポンジの上にフルーツゼリーとカスタードとホイップクリームが三層になっている甘~いデザート。
この絶妙なバランスがたまらなくクセになるお味。

そこで思い出した。
イギリスのスーパーで買ってきた「トライフルの素」のことを。

ということで、思いつきで作ってみた。

P1000067P1000069英語の説明書きにビビリつつも何とか形になった。
ていうか超簡単ですから!


生クリームがちょい少なめだったな。
かなり甘いんだけど、なんだか懐かしい味。

これ、応用できるよ。
ゼリー部分にフルーツ入れたり
洋酒をきかせて大人の味にしたり。
トッピングで楽しんだり。
ありあわせのもので、見た目もかわいいスイーツになりそう。

「トライフル」っていう言葉も、そういう「ありあわせ」とか「ささやかなもの」っていう意味があるらしいよ。


あぁ、それにしても、
このどんぶり一杯は全部食べると・・・
さすがにヤバイよなぁ~・・・


| | Comments (3) | TrackBack (0)