日記・コラム・つぶやき

桜の開花と淡い菓子

もうじき桜が咲く季節かぁ・・・
なんて思っていたら

ばたばたと過ごしているうちに
関東もすっかりお花見の季節になっていた。


この地球上で、目まぐるしく移り変わる日々の中で
季節がくれば花開く桜の逞しさ
散り際の潔さ

じっと冬の寒さを堪えて迎えた季節
命の結晶

こうして季節の花々を愛でることができる世の中が
いついつまでも続きますように

と、しみじみ思ってしまう。

*

この季節になると、ついつい買い求める和菓子

桜の開花と淡い菓子

清月堂本店の「旬のおとし文・麗(うらら)」

定番和菓子「おとし文」の季節限定版
上品な甘さと、ほろほろとした口どけの和菓子で
ほのかな桜の香りに、春を感じる毎年のお気に入り。

ちょっとした春の手土産にもおすすめ。

・・・なんて言っていたら、

なんと、今年の販売は4月8日で終わってしまったようですΣ( ̄ロ ̄lll)

あーーー、情報遅ーーい!
役立たずですんませーーーん;

あ、でも定番「おとし文」も美味ですよ♪

「麗」は、もしよかったら来春、お試しくださひ・・・


最後に、「おとし文」の名前の由来を↓


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

むかし、身分の違う御武家様に恋をした女性がおりました。
かなわぬ想いを筆にしたためたものの、恋文を渡すに渡せず
丸めて川に流したその様を「おとし文」といいました。
その「筆をおとす」はかない恋文を想わす「おとし文」。
ほろほろとした切ない口どけのお菓子です。

   ~ 清月堂本店 HP より ~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


和菓子って、味わう楽しさはもちろんのこと
目で見る美しさ、季節を感じる繊細さ、物語が相まって
とても贅沢な幸せを感じさせてくれる。

日本の繊細な美意識や、四季を楽しむ感受性、
他を受け容れるおもてなしの心が
日本人のDNAに流れている。

今、日本は大事な時だけど

日々の暮らしの中でも
そんな気質を大切にしていきたいと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

近況

久しぶりの更新です


更新しない間に、東日本大震災もありました

その時、職場で大揺れで
エレベーターも止まってしまって、階段で避難し
隣の駅まで歩いたけれど、交通網は完全に麻痺していて
あやうく帰宅難民になるところを、車で拾ってもらって夜中に帰宅できました

テレビに映し出される信じ難い光景
余震、計画停電、そして放射能と

3月は震災一色で過ぎて行ったような気がします

東北地方だけでなく
日本全体の、世界の、地球の問題

本当に大変なのは、むしろこれからでしょうが

何もかもを元に戻すことができないのは、百も承知ですが

元に戻るのではなくて
傷を負いながらも、いかにして前を向いていけるか


現実を前にすると、無力感ばかりが募りますが


今自分に何ができるのかを常に意識し
動いていきたいと思っています

*

個人的には、苦手な分野の試験を受けてみたり
職場で日々働きつつも、今後を思い悩んでみたりする中
3月の終わりに流れが変わり
また新たな分野の職場に移ることになってみたり・・・

この不況に、すぐに次の仕事に就けることは有難いけれど

これまでとは全く違う分野で、やっていけるのだろうか?
どの程度続けていけるのだろうか?

という不安は大きいけれど

わたしにその席が用意された、という偶然というか必然も感じており

流れをあるがままに受け容れよう、という思いもあり


どうなることやら

とにかく、やってみるしかない


4月1日から、新しい気持ちで

いくつになっても、日々勉強 日々修行・・・ですなぁ

わたしの新しい始まりに
先日辞めた職場の方からプレゼントされたものは
すべてオレンジ色でした

これからの自分に嬉しくなるような、エネルギーと喜びに溢れる色
腹の底からやる気が湧いてくる感じ
不安な気持ちを吹き飛ばし、温かく包んでくれるオレンジ色

もうじき桜の咲く季節


生きている限り、挑戦しつづけないとね


挑戦できることは、生きている証拠・・・だね
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

一寸先は・・・

 
「一寸先は、闇」

という言葉は知っていたけど


 
「一寸先は、光」


と言う人がいた。


なんて素敵な言葉だろう。


くじけそうになったときに
ふと背中を押してくれそうな言葉。


今いるところが闇だとしても
暗闇だからこそ見える光もあるってもんだ。


そう、一寸先には光があるんだ。

闇も光も、もとはおんなじ。


そもそも私たちそのものが、光なんだからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

these days

駅までの道すがら、漂ってくる甘い蝋梅の香り

テーブルの花瓶から漂う、黄色いフリージアの香り

今使っているハンドクリームのローズの香り


色んな癒しがあるけれど
最近のわたしは、特に「香り」に癒されている気がする。

うっかり焦がした食パンの香ばしい匂いや
おひさまの匂いがする布団に包まれる、しあわせな瞬間や・・・


あ、久しぶりに持ち歩いているipodのおかげで
音楽からも随分と助けられているのかも。


どうやら、最近は
嗅覚と聴覚の感覚が敏感なようですな ^^

*

映画「RED」

音楽もクールだし、痛快で楽しめた。

ドンパチが激しくて、ちょっとひるんだけど
いい歳した男と女の、なんとカッコいいこと!
なんだか元気をもらえたよ。


日々勉強、日々感動


節分も越えたし、新たな気持ちで前に進むぜぃ☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新春、ブログはじめ

平成23年

今年最初の大安、1月9日


また新しい一年が始まりました。

関東はありがたいことに、晴れ続きで
毎日のように雪山の富士山を拝んでおります(婆?)

*

昨年、話題になった99歳の詩人、柴田トヨさん


書店で平積みされ、大きく宣伝されている時は
正直そこまで気にかけてはいなかったんだけど

尊敬する日野原重明さんが、新聞やテレビなどで
柴田トヨさんについて語っていたあたりから気になりだした。

日野原先生にとっても
同世代のトヨさんのご活躍は嬉しいことだったのだろうな。

Toyosan

トヨさんの詩集「くじけないで」

言葉はいたってシンプル

だけど、深い

その一冊に収められた詩の中には

波乱万丈の人生を生きてきたからこその重みと
その重みを感じさせないような
無垢な少女のような軽やかさが同居している。

昨年の年末にNHKで放送されたトヨさんの特集を偶然見た。

凛とした佇まいと、優しい眼差しと、慈悲深い笑顔
こころの奥の、深くてやわらかいところにまで染み込んでくるお声

トヨさんの紡ぐ詩が日本中で話題になっていった訳が
わかった気がした。

*

「貯金」


私ね 人から やさしさを貰ったら 心に貯金をしておくの

さみしくなった時は それを引き出して 元気になる

あなたも 今から 積んでおきなさい

年金より いいわよ

*

人から貰ったやさしさを貯金する

それと同時に

人にやさしくすることで、自分もたくさんのものを貰える

優しさとか、愛とか

目には見えにくい、でも不確かなようで確かなものを
たくさん貯金していける一年でありたい。

そして、ただ貯めこむだけではなくて
貯まった優しさを、惜しみなく引き出して使える自分でありたい・・・


「 九十八歳でも
  恋はするのよ 夢だってみるの 
       雲にだって乗りたいわ 」


詩の中で語っていたトヨさんを見習って
わたしも日々ときめいて生きたい。


そんなつるこを、今年もよろしくお願いします^^
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さよなら2010 

ごぶさたしております。


なんて言ったら、なにやら今日は大晦日だとか。
 


( ̄− ̄)
 


直前の記事が猛暑についてだってのが・・・


うぅ・・・
 


とりあえず無事に生きております。


暑さに溶けそうになりながらも、日々楽しむこともしてました。

色んな美術展にも行ったけど、全然ブログには書けないままでした。。

身内で色々バタバタすることもありましたが
なんとか無事に家族そろって年越しすることができそうです。

つくづく健康のありがたみと
人の優しさ、巡り合わせとご縁に感謝したくなる年の瀬です。


なかなか思い通りに行かないこともありますが


とりあえず少しでも笑っていられるように

周りの人に笑ってもらえるように


少しずつでも前に進めるように


がんばりますよん♪

*

関係ありませんが


今年発症してしまった怪しい皮膚病に悩まされておりますが

飲むスクワラン(サプリメント)を服用しはじめてから
治りはしませんが、特別悪化することもなく
症状が出ていない部分のお肌は調子が良いです。


やるじゃんスクワラン♪


それでは、みんなで良い年を迎えましょう。。・゜☆゜・。。・゜゜・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

猛暑のつぶやき

この夏の暑さ、ハンパない


シャワー浴びた途端に汗だくなんですけど;


今年ほどガリガリ君を食べた夏も珍しい気がする


今年はユニクロのブラトップが大活躍
一度ラクしてしまうと、なかなか元には戻れない

あんまりおっぱいを甘やかしてしまうと
形が崩れてしまうかなぁ~、と思いつつ
また週末割引で買い足してしまったよ

もちろん、今もブラチュニック着用中♪


龍さんにおこられちゃいそうだなぁ・・とほ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

終戦の日に思うこと

65年前の8月15日は終戦記念日

ここ数日、新聞やテレビなどの影響から
戦争について考えたり感じたりする機会が多く
特に戦争体験者の生々しい証言や、あまりにも惨たらしい現実には
想像しただけでも胸が押しつぶされそうになり、しばし言葉を失ってしまった

そんな中、8月15日の朝、テレビをつけたら
NHKで「週間こどもニュース」の終戦記念日特別番組をやっていた

戦争体験者であるお年寄りに
小学生がレポーターとしてインタビューしていた

淡々と話される女性のむごい現実を
小学生の女の子が神妙な面持ちで聞き入っていたり

疎開先を案内するはずだった男性が、実際にその場に立ったとき
様々な想いが込み上げてきて、涙で語れなくなってしまい
その方のそばで、男の子が何とも言えない表情をしていた

この図式にこそ、何か重要で大切な力強さを感じた

当時の出来事を美化するでもない、卑下するでもない
当時の現実を生きた、いわば生き証人であるお年寄りの話を
これからの時代を生きる子供達が実際に目の前で、じかに聴くということ

思い出すことも語ることも辛い方がほとんどだろう

わたしも短大時代のゼミ旅行で沖縄を訪れたとき
生き証人の方々のお話を伺うありがたい場面があったが
どの方も、途中で涙で言葉が詰まり、中には号泣されてしまう方もいらっしゃった

当時を知る人々は少なくなり、やがて誰もいなくなってしまう
あまりにも酷い追体験を、引き受けてくださり語ってくださる方の生の声
戦争を知らない世代は、今のうちに聴いておきたいことがたくさんある

*

ということで、朝からこころが動かされたわたしは
なんだかいてもたってもいられなくなり

この日に戦没者に手をあわせたく・・・

急遽予定を変更して・・・

気がついたら千鳥ヶ淵に来てますた

201008_002_small_3

きれいなピンクの蓮の花が! でも全然写真にとれてなーい


日が日なので覚悟はしていたが、靖国神社付近は物々しい雰囲気で
おびただしい機動隊の数と軍歌と万歳の声とパトカーの音と・・・
参列者も相当な人数いたようで、まるで初詣の時のように人数制限していた

わたしは・・・
靖国で手をあわせれば、父も祖母も喜ぶとはわかっていたけれど
国家とか戦犯とか思想とか・・・そういうことでなく
様々な形で戦争という時代の渦に巻き込まれた御霊に
こころ静かに合掌したかったので

今日は「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」に行ってきた

201008_001_small_3

北の丸公園と千鳥ヶ淵の御堀を左手に、気持ちよい緑道を歩いていく

靖国の喧騒とはまるでちがう、静かな佇まいの墓苑で
体験者らしき方だけでなく、わりと若い世代の方も多く訪れていた

献花台のそばで、語り部のような方がお話されていたり
天皇陛下や総理大臣、政治家からの献花も

わざわざ訪れるような方々だからなのか、皆さんとても静かに、神妙に
墓苑内を巡っていらしたり、想いを馳せていらっしゃるようだった


この墓苑は、海外で亡くなられた軍人、軍属、一般邦人の戦没者のうち
遺骨が遺族の元に戻らなかった方々のための納骨堂

休憩所内には、今も続いている各国での遺骨収集作業の写真パネルや
遺骨と一緒に見つかった遺品、戦地から家族に宛てた手紙などの展示もあった


戦争についても、諸外国との関係についても
歴史や真実について、まだまだあまりにも知らないことが多い

あまりにも知らないことも問題だけど
あまりにも偏ることも問題だし・・・

人の数だけ意見や思いは違えど
まずは感情的になる前に、歴史や現実を知らないことには
自分の意見も出てこない
相手の意見も受け容れられない

容易に語れる問題ではないし、正誤だけで判断できることでもないけれど
いったん戦争の空気になってしまえば、今のように自由な発言もできずに
巨大な黒い渦に巻き込まれて、また何の生産性もない
悲惨な過去を繰り返すことになってしまう

それだけは避けなければ、と強く思う

*

父方の祖父はビルマで戦死したが、遺骨は未だに戻ってこない

母方の祖父は、満州で結核にかかったために日本に戻されたが
帰国後、亡くなるまで一度も戦場での出来事を話さなかったという

被爆者は心と体に深い傷を負い、子孫にも影響は残っていく


戦争は、始めてしまえば、終わらない


残した爪痕、代償を思うと
ほんとに終戦したのかな?とも思ってしまう

他の生き物たちにも、「人間ってバカでごめんね」 って
申し訳ない気持ちになる・・・

*

身近な小さなことに感謝すること、丁寧に生活することが
平和への祈りそのものだ・・・と、感じてはいるけれど

誰でも訪れることができて、純粋に平和を祈ることができる
無宗派の国立追悼施設を、日本にもつくってほしい


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミクロコスモス、マクロコスモス

暑い日がつづきますなぁ・・・


7月は、週末を利用して解剖生理学の講座を受講
先日の25日はeco検定を受検

解剖生理学でカラダのことや精神のことに触れて
eco検定の勉強で地球環境のことに触れて

人体のしくみや働きと、地球のしくみや働きと
通じることが多々あるなぁ〜・・・と、しみじみ実感

人体ってすごい
どんな発明品よりも素晴らしい、神様の贈り物

骨も筋肉も脳も神経も 血液もリンパも細胞も
すべてがタッグを組んで

笑っているときも怒っているときも
悩んでいるときもボーっとしているときも
眠っているときでさえも

わたしという生命体を生かすために絶えず働いている

日々いろんなことがあっても
体内の細胞レベルから、わたしを生かすために戦ってくれている

外の世界の大切な人たちに救われているのはもちろんのこと
まずは自分自身の体が、こんなにも自分を救おうとしてくれている


ホントの意味で、「ひとりじゃない」っていうことを実感できた


なんて愛しい我がカラダ!!


不具合起こすこともあるけど、基本的には自分の見方、なんだなぁ・・・


46億年前に誕生した惑星、地球も
最初の人類が誕生したのは、僅か450万年前

そんな新参者達が急速に地球を壊してしまったんだからね・・・

色々と考えさせられてしまう


カラダの神秘と地球の神秘

この壮大な旅路の、ほんの入口に立った程度なんだけど

同じ時期に両方学ぶことができてラッキーだったな

*

解剖生理学最終日に、先生が流していたDVD

「ほねほねワルツ」っていうんだって

え〜、こんなの知らなかった

AKB48フリークには常識なのかもしれないけどね

歌詞がねー、馬鹿にできないっていうか
先生の講義を受け終わった最終日に聴くと
良く出来た歌詞だなぁって思っちゃうのよ

これを最後に見せてくれちゃう先生も
頭が柔らかいっていうか・・・若いなぁ♪


こちらは「ちょいおねえさんバージョン」


それにしても・・・秋元康という人は

美空ひばりの歌を作ったと思ったら、人骨の歌までつくっちゃうなんて
おそるべし、ですな (゜−゜)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

真夏日やねぇ

関東地方も梅雨明けしまして
気温も熱いが、日差しも熱い

昨日も坂道登っていたら
汗が冗談みたいに噴き出しましたわ;

野外でお仕事の皆様、ホントにお疲れさまですっ( ̄― ̄)ゞ


エキナカの無印良品にて

真夏日やねぇ

ドライジンジャーエール

甘すぎなくて、ちょいスパイシー
ビールで割っても美味しそうだじょ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧