« 終戦の日に思うこと | Main | 猛暑のつぶやき »

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

Goodwill_small_2

~ あなたを刺激し、心の目を開かせ
    新しい世界へと旅立たせてくれる人物
      あなたには、そんな「心の友」と呼べる人がいますか? ~
 


数年前の8月、暑い夏の日に観た映画
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」を
久しぶりにTSUTAYAで借りてきて観てみた

その映画を観たのは、ちょうどカウンセリングクラスに参加していた時で
最終日の午後、すべてのカリキュラムを終えた締めくくりに
先生から「それではこれから映画鑑賞です」と言われ、観たのだった

つらいワークを連日こなし、22人の結束ができた後だったから
みんなでソファやクッションにもたれて寛ぎ、アイスキャンディを舐めながら
すっかりリラーックスして、みんなで観たのが懐かしいなぁ


この映画、何も考えずに素直に観たら
きっと感動して「うるっ」とくるポイントもいっぱいあるんだろうけど

最初に観たのが、そんなわけでカウンセリングクラスだったので
この映画に関しては、教材的な感じでつい冷静、客観的に観てしまう

ラポール、ペーシング、イン・ザ・モーメント・・・

クラスで教わったり体験したことが、自然と劇中で行われていた

確かにカウンセリングを学ぶ人にとって
「なるほど」と関心してしまうポイントが詰まっていると思う

やっぱり今回も冷静客観的なカウンセリング目線の鑑賞になっちゃったんだけど
敢えて2回目は何も考えずに作品の世界を楽しんだら
今度はちゃんと感情的になったり「うるっ」ときたり
これまで気づかなかった場面や言葉が響いてしみじみしたり・・・

同じ作品なのに、なんだか不思議

うむ、何気にスイッチの切り替えができているようだ(^^


ロビン・ウイリアムスって
医者とか教師を演じる作品が多いような気がする
この作品でも、人間味溢れるカウンセラーを好演されていた

ベン・アフレック演じる親友の姿勢にも心打たれた


出会いは必然
一期一会

それぞれの人生がクロスする瞬間に
互いに寄り添い、時には刺激し合い
助け合ったり励まし合ったりしながら
たとえ別れの日が来ても、笑って手を振り
それぞれの道を歩んでいける

現実は色々あるけれど
そんな爽やかな出会いと別れが成り立つ関係っていいな

そこには尊重とか尊敬が無ければ、成り立たない気がする
 

|

« 終戦の日に思うこと | Main | 猛暑のつぶやき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/49221789

Listed below are links to weblogs that reference グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち:

« 終戦の日に思うこと | Main | 猛暑のつぶやき »