« 皐月のはじまり | Main | シブカサ »

山本容子さんの世界

よく晴れたGWの後半に

201005_002_small

埼玉県立近代美術館で開催されている
「山本容子のワンダーランド展」を観に行ってきた


山本容子さんと言えば
ユーモラスな作風の銅版画や
どこかパリを想わせる洗練された作品たちのイメージ

今回の展覧会では、身近なモチーフを描いた作品や
新聞、雑誌、絵本の挿絵原画、油彩画の数々に加えて
さいたま市の鉄道博物館に設置された
巨大ステンドグラスのプロジェクト紹介があったりと・・・

予想以上に盛りだくさんで、見ごたえたっぷり!

女3人で出掛けたんだけど
その中で、自身も銅版画製作をしている友がいたので
銅版画についての疑問に答えてもらったり
銅版画ならではのエピソードなんかも教えてもらいながら
楽しく鑑賞することができた

ミュージアムショップでは、山本容子さんの書籍もたくさん揃っていて
欲しいものがたくさんあって、みんなであれこれ迷ってしまって・・・

結局、眺めているだけでも楽しくなる「パリ散歩画帳」と
再販の予定がないということで、展覧会の図録も購入
ポストカードもいっぱい買っちゃった ^^

遊び心満載の、自由でユーモラスな作風や
エッチングの画法が織り成す繊細な線描は、味わい深い織物のよう

かと思うと、大胆なタッチと個性的な構図の油彩画は
独特な色合いからオリエンタルな風を感じることができたり

小粋なエスプリ漂う細やかな作品からは
色彩豊かに細部まで描かれているというのに
全体のバランスが絶妙にまとまっていて、楽しくて見事


色んな魅力を持つ、形にとらわれない、常に新しい、多面性・・・


なんだか万華鏡みたいな人だなぁ


売店でぱらぱらっと立ち読みした自叙伝から
山本容子さんご本人の生き方にも興味が湧いてきた


魅力ある作品を生み出す、魅力ある女性

いくつになっても、そうありたいものです・・・( ̄− ̄).。.:**:.。..。.:

*

今回は、作品はもちろんのこと
会場内の展示方法にも工夫とこだわりが感じられて
最後まで飽きることなく楽しむことができた

緑豊かな公園の中にある美術館なので

森林浴とアートを楽しみに、またお散歩しにこよう

|

« 皐月のはじまり | Main | シブカサ »

Comments

I like the helpful information you provide in your articles. I'll bookmark your blog and check again here frequently. I'm quite sure I will learn many new stuff right here! Best of luck for the next!

Posted by: elbassma.net | May 17, 2015 at 06:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/48277605

Listed below are links to weblogs that reference 山本容子さんの世界:

« 皐月のはじまり | Main | シブカサ »