« 放置プレイ・・・ | Main | 皐月のはじまり »


神様は、扉を閉めたとしても
         必ず窓は開けてくださっている

*


さっき観た映画、「菩提樹」の中の台詞

あぁ、いい言葉だな・・・

映画が終わった後も、胸に残った


絶体絶命、八方塞がり、この世は闇
救いなんて、どこにもない・・・

なんて思ったとしても
必ずどこかに道は残されている

周りを見渡せば、きっとどこかに窓があって
微かに開いた隙間から、光が差し込んでいるはず

同じ状況でも、それを信じることができるだけで
どれだけ強く前に進んでいけることか


今ある状況を嘆きたい時もあるけど

諦める前に、まずは窓を探そう

その僅かな隙間に手を掛けて、開け放ち
自ら光を取り込もう


そこから新しいものを取り込むこともできるし
自分が外に飛び出していくこともできる

あまりにも辛すぎたら・・・

別の世界に逃げ出すことだってできる


‘逃げる’って、なんとなくマイナスのイメージだけど

逃げることだって、時には勇気のいること


しがみつかない、こだわらない

必要のないものを手放して
別の方法に賭けるための勇気、とも言える


閉じてしまった扉を振り返りながら見つめているより

まずは窓を探そう
 


窓を残してくれるなんて

やっぱり神様って、愛・・・なんだろうな

*


|

« 放置プレイ・・・ | Main | 皐月のはじまり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/48215825

Listed below are links to weblogs that reference :

« 放置プレイ・・・ | Main | 皐月のはじまり »