« 鎌倉の大仏さん | Main | 南極料理人 »

あなたが求められていること

先日、教育業界経験者のお話を聴く機会に恵まれた。

やはり「人ありき」な業界だけに、人を育てるという点での苦労や
それをも超えるほどの喜びややりがいについて現場の声を聴くことができ
元来「人」が好きなわたしにとっては、その苦労も含めて魅力を感じることができた。


人を育てる仕事であり、実は人に育てられているということ

知識の習得度は、それを誰かと分かち合い
学んだことを人に教えるということで自分のものになるということ


自分は誰かのために

誰かは自分のために

共に学び、分かち合うことで
借りてきた知識が深く根付き、独自の輝きを増す


思えばこれまでの自分も、人によって磨かれてきたなぁ。
自分で気づかなかった素質も、人によって見出してもらったことが多々あるし。
 


その講師が最後の締めに話された言葉がこころに残った。


「あなたがやりたいことは何ですか?」
という問いも大事なことだけど

「あなたが求められていることは何ですか?」
という問いも心に留めておいてください、ということ。


やりたいこと、好きなことを問われることは案外多くて
好きイコール才能がある、とも言えるのかもしれないけど


今のあなたが、社会に、周りに求められることが何なのか

何が自分の役割なのか

自分の意思とは別の部分で、与えられる役回りだとか
複数の人から指摘される自分の特徴や才能というものを
今一度見直してみる価値はあるよ、ということ。


あたりまえのことだけど、なんだか今の自分に響いた。

ここ最近、まさに考えていたことだったから。


今まで学んできたこと、好きなこと
ワクワクすることは大事なことだけど

それにあまりにもこだわりすぎてしまうと
知らず知らず自分の世界を狭めることにもなりかねない。


無理が必要な時もある。
我慢も。

でも、なるようにしかならない時もある。


自分には縁がないと思っていたことが
あえて目の前に用意されているとしたら
まずはそこからやってみることで、まだ見ぬ自分に出会えるかもしれない。
未来の扉が開くこともあるかもしれない。

そうして目の前のことに取り組みながら歩いていたら
気がつけば目指していた場所に辿り着いているかもしれない。

それは決してまわり道ではないんだよね。


道草をしてこそわかる、道の味・・・とも言うけど
道草ばかりしている自分としては
そろそろ大通りも意識した方がいいのかな(汗)
なんて思うこともある今日このごろですが・・・


なんにしても

自分の足跡が自分の道を作るのね。


足腰鍛えよっと。
 

|

« 鎌倉の大仏さん | Main | 南極料理人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/46091959

Listed below are links to weblogs that reference あなたが求められていること:

« 鎌倉の大仏さん | Main | 南極料理人 »