« で、早速・・・ | Main | 都会のオアシス・神宮の杜 »

アースデイ東京2009

地球のことを考えて行動する日「アースデイ」
世界共通で4月22日なんだけど
日本国内でも先駆けて、各地でイベントが催されているとのこと。

で、行ってきました「アースデイ東京2009」@代々木公園

20090409_076_small

わたし、行くの初めてだったんだけど
こんなに浸透していて、かつ盛り上がっている祭典とは思ってなかった。
正直ナメてました。

パンフレットを見ると
「ご存じアースデイ東京は、12万人が集まる日本最大級の環境フェス」
なんて書いてある。
出展数も予想以上だし、お天気にも恵まれて
なんかお客さんスゴイ多いのよ~Σ( ̄ロ ̄lll)

20090409_074_small

でも、それだけ地球のこと、環境のこと、エコ、ロハスもろもろ
関心が高まっているんだろうね。
会場内は、いかにもラブアンドピース的な服装の方(?)も大勢見かけた。

わたしは半分お祭り感覚で覗きに行ってみよう!っていう浅はかな感覚と
自分もすこーし絡んでいる事柄があったりするので、情報収集が目的。

実際、大きなイベントに行くと、今までも
色んなイベントやショップの情報が得られたり
新たな活動、知識に繋がってきた。
今回もやっぱり色々な情報をゲットできて
イベントやショップ、法人等のフライヤーをたくさんもらってきた。


知人と電話で話していたら
「アースデイか、すごいねー。自分は地球のことまで考える余裕ないよ・・・」
と言われてしまって、逆になんだか恥ずかしくなってしまった・・・


ごめん、わたしもすごく真剣に取り組んでいるわけではないよ・・・
できることから、楽しみながらだよ・・・
地球に悪いこともしちゃってるし、己のことでアップダウンするし
オーガニックとかマクロビとか興味あっても肉魚ガンガン食ってるよ・・・


ただ、「知る」ことで、いいことは少しずつでもやってみてますが;;


ブースとしては、オーガニックコットンや雑貨、フェアトレード、国際情勢、人権問題、
エコ住宅、自然農法による野菜販売や自然エネルギー、環境、リサイクルなどなど。

エコとかロハスとか、流行語のように提唱されている感もあるけど
そもそも言葉発信であったとしても、それによって興味を持つこと、知ることが大事。

実際地球にやさしいことは、お金がかかることもあるんだけど
個人個人が意識してできることって、日々の中にも何かとあるはず。
不景気、節約傾向の今こそ、アイデアで乗り切ろう♪
 
*

人気のオーガニックやマクロビの食堂ブースは、どこも長蛇の列。
普段なかなか行くことができないカフェが出展しているとあって
どこも大人気だし、どれもこれも美味しそう・・・☆

が、今回初めてのアースデイ東京で知らなかったんだけど
ごはんを食べる前に、まず食器をレンタルする行列に並ばなければならず
食べた後はその食器を古布を使ってキレイに拭いて返却することになっている。

さすが地球にやさしいフェスティバル

食べた後の食器を中腰で拭きまくる人々の輪ができていて
なんとも不思議な光景であった。

で、何度目かの人はマイ食器を持ってきたりしていた。
今度行くときはそうしよう。

あとは、マイ水筒を持参した人は自由に給水できるスポットがあったり
マイ箸持参で少し割引になるお店があったりしたかな。

ライブイベントやトークイベントも行われていて
いとうせいこうさんのシャウトで場内大興奮だったり

「武器ではなく楽器を」
・・・と訴える、喜納昌吉&チャンプルーズのライブが盛り上がる頃には

20090409_078_small

すっかり日も暮れてきた。


太陽の恵みと眩しいほどの青空の下で
代々木公園の新緑と爽やかな風を感じられるイベント会場
ほんとにアースデイにふさわしく、地球に感謝したくなる1日だった。

*

地球上の矛盾がすべてなくなることは難しいだろうけど

母なる大地、地球を考えることは
個人個人の生き方を見直すことにも繋がるから

地球にもサイフにもココロにもやさしい一歩から始めよう・・・


多謝☆
 

|

« で、早速・・・ | Main | 都会のオアシス・神宮の杜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/44730987

Listed below are links to weblogs that reference アースデイ東京2009:

« で、早速・・・ | Main | 都会のオアシス・神宮の杜 »