« 国宝 阿修羅展 | Main | 道の上から »

山笑う

各地すっかり桜も見頃を迎えて
鮮やかな黄色の菜の花畑もよく見かけるし
白い雪柳や紫色のオオアラセイトウも風に揺れている

世の中、不況と言うけれど

自然界には着実に
色とりどりの春が訪れている

*

桜が咲き始めると
いよいよ春とばかりに胸も踊り
思わず笑みが浮かぶ


つい最近知ったんだけど
「咲」という文字は、「笑」という字の本字らしい

「咲く」という字には、本来「笑う」という意味があるんだって


あー、そっか


「山笑う」っていう言葉があるのは知っていた
芽吹き始めた春の山を表した、春の季語


確かに、桜色に色づいた山々や
花たちがいっせいに咲きそろう様子は、まるで笑っているみたい

「笑う」という言葉にも
「蕾が開く、ほころびる」という意味があるんだって

日本語って、美しいなぁ

*

長くて寒い冬の季節も
木枯らしに枝が煽られても、じっと耐え
少しづつ育んだ蕾がふくらんで
ようやく春の光の中で、笑うように咲いている


笑おう 咲おう

花につられて

じっと耐えた分だけ、きっと

自分らしく笑えるよ


20090409_009_small

大きな幹の割れ目から、ひょっこり出てきた桜の新芽
こんな風にたくましく健気に咲いている花が好きです ^^

|

« 国宝 阿修羅展 | Main | 道の上から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/44586961

Listed below are links to weblogs that reference 山笑う:

« 国宝 阿修羅展 | Main | 道の上から »