« 年の瀬 | Main | 1.11 »

新年初でござんす

 
こななちは。

2009年はじまって10日経ちましたです。

年末年始とプライベートで何かとあり
引き続き、いやむしろこれから何かとありそうですが
それが人生。 諸行無常。

てなことで、自分が何とか耐えられることは耐え
周りの状況を思いやり、出来ることは行動に移し
気ぃ使って体使って、足りないアタマもできるだけ使って(苦笑)
自力だけじゃ無理なことは周りに力借りて・・・

笑いとユーモアで乗り切っていく所存です♪

生かされているうちは、生きなきゃソンソン♪

てなスタンスで参ります (⌒−⌒)

*

昨日参加したアロマボランティアでも
様々な方のお話を伺って
「人生色々だなぁ」と感じさせられたり
「現実の老いとはこういうものなのね・・・」と、胸が痛んだり
考えさせられることが多かった。

それでも、それぞれが日々色々あっても
昨日の参加者の皆様は
皆が同じ時間に集う、その2.5時間の間だけは

「笑顔で楽しもう」

と決意してこられているんだな、と実感した。


私情を持ち込まない。引きずらない。
「楽しむ」と決めてやってくる、潔さ。

それは、思いやりにも繋がると思う。

*

人との縁とか繋がりとか
つくづく感じることの多いここ数ヶ月だけど

昨日のボランティアで気づいたことは


「ありがとう」と言われることは、もちろん嬉しいけど
「ありがとう」と言えることは、何てしあわせなことなんだろう・・・ 


ということ。


今までのボランティアでは、正直そこまでは気づけていなかった。

「ありがとう」と言ってもらえることが嬉しくて
自分を必要としてくれることが嬉しくて
お金よりも尊い、貴重なものを得ることが嬉しくて

そんな思いで続けてきたけど

「ありがとう」と言えるということは
そんな嬉しい思いをさせてくれる人がいたということ。
そんな嬉しい出来事があったということ。
それを嬉しいと思えるこころの動きがあったということ。

「ありがとう」と伝えることができる相手がいるということ。
相手がどう思うか、ではなくて
自分自身が、誰かに 何かに
「ありがとう」と思うことができたということ。


人はひとりだし、本来孤独な生きものだけど
だからこそ、ひとりでは生きていけない。

寄り添い支えあい、刺激し合ってこそ前に進んでいける。

今こうしてここに存在していることも
どれだけの見えない力によって支えられているか。

それを受け容れるだけで
何もかもが奇跡だと気づくことができる。
日々の生活の至るところに
愛はすでに溢れているんだ。


わたしに「ありがとう」と言わせてくれるすべてに
こころから「ありがとう」と言い続けていきたい。

一度しかない人生。
出し惜しみせずに、伝えていきたい。


それが今年のテーマかな。

あっ、それから適度な運動とカロリーコントロールも(けっこう切実;;)


今年の終わりに、大きな声で「ありがとう!!」と言える・・・
そんな年にできるように、日々がんばります。

今年もよろしゅう♪
 

|

« 年の瀬 | Main | 1.11 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/43697633

Listed below are links to weblogs that reference 新年初でござんす:

« 年の瀬 | Main | 1.11 »