« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

春なのら


あちらこちらで桜が咲いて
「あぁ、この木も桜だったんだ」なんて発見もあったりして

木の幹からいきなり花開いたような咲き方も可愛いし
今にもぱっと開きそうなポップコーン状のつぼみにも
いのちの鼓動を感じて、思わず指先で触れてみる

立派な幹や見事な咲きっぷりには
艶かしさや、凄みすら感じる


桜ももちろん素敵だけれど
地べたを覆いつくすように健気に咲いているオオイヌフグリ

春なのら


どちらを見ても色とりどりのパレットみたい


時計なんか見なくても、時期が来れば花は開くんだもんね


自然ってすごいな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

星形?

 
久しぶりにピノを食べようと思ったら

ひとつだけ、星みたいな形だったんだけど。

星形?

これってラッキーなの?


眉毛つきコアラのマーチみたいなもん?



よくわからないけど、ラッキーってことにしておこう。


今日も1日無事に過ごせますように・・・(-人-)合掌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なにかと反省・・・


久しぶりにアロマハンドマッサージのボランティアに参加する予定だったのに
高齢者施設に向かう電車内で気分が悪くなって
途中下車してしばらく様子を見ていたけど、あまり回復しなかったので
無念だけど、当日ドタキャンをしてしまった。

はじめてだよ、こんなの・・・


行きたい気持ちと、でも本能的に「行くな」というブレーキと
何よりカラダがついていかないもどかしさ。

挙句の果てに、自分がマッサージにいくはずだったのに
目と頭がくらくらしてしまい、近くのマッサージ屋に駆け込んで
自分がマッサージしてもらうというお粗末な展開。


あーあ・・・

せっかく久しぶりのチャンスだったのに。

自分も楽しみだったけど、周りにも迷惑をかけてしまった。

でも、ごめんなさい。
自分を労わらなかったツケが周ってきたみたい。


ここ数週間、溜まった疲れのせいなのか、カラダもへとへとだったけど
家庭内でも何かとあって、精神的にも疲れていたみたい。
3月ということで、仕事も年度末に向けて気が張っていたし
鏡に映る自分の顔もくたびれていたし、目の調子もおかしくて
最近はコンタクトレンズを受け付けずに、眼鏡で外出することが多かった。


まぁとにかく。

お金をもらっていなくても、ボランティアは立派な仕事。
自分の健康管理、ストレス管理をしなければ、と痛感。

それに、近頃は色んな意味で溜まったストレスで
自分もイライラして余裕がなかったりした。
なるべく口にする言葉はポジティブに、と思っていても
身近な人の前では「どうしよう」とか「疲れた」とか愚痴こぼしたり
時間がないことを理由に、動作も雑だった。
言うことやること何に対しても、思いやりとか愛情が欠けていた。


ボランティアに限らず、人や周りのために何かをするには
自分自身に余裕がないと難しい。


余裕があるからやる、というよりも
自分なりに、常に余裕を持てるように心がけないと
何事も続かないし、大切なことを見失ってしまうな。


改めて思ったわけでした。


カラダをうーんと伸ばして、大きく深呼吸して
よい香りを焚いて、久しぶりに寝る前に瞑想しよう。


思考のバリアを解いて、余分なものを脱ぎ捨てて、シンプルなわたしに。


軽やかにいこう。


春だもんね ^^
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

白い亀

 
とっくの昔に過ぎ去ったことで
長年思い出すこともなかったのに
最近、やけに思い出す出来事がある。

*

わたしが小学校の1年生か2年生くらいの頃。

ある日、クラスの男の子が

「つるこの足の、ここんとこ。なんで白いの?」

と、わたしのふくらはぎを指差して、言った。

意味がわからず、自分からは見えにくいふくらはぎの部分を
体をひねって確かめてみたら、確かに一部分が真っ白だった。


わたしは元々色白な方なので、足自体も白かったんだけど
明らかにふくらはぎの一部分が、異様に透けるように光って白くなっていた。


今まで自分の視界には入らない部分だったので、気がつかなかった。
盲点だった。

親に言ってみたら、気がついていたようだったけど
特に気にもしていなかったとのこと。

その形が、ちょうど白い亀みたいな形で、青白く浮き上がっていた。

よく外遊びもする子供だったので
夏の日差しの中で、色白ながらも日焼けしたりすると
ふくらはぎの白い亀は、ますますくっきりと浮かびあがってきた。


わたしのふくらはぎには、いつも白い亀がいる。


そのことが、なんだかちょっと嬉しかったのを覚えている。


けれど、幼い子供時代のこと。
クラスメイトたちに、この白い痣のような
不自然な皮膚のことを言われるたびに
なんだか気になってきてしまって

「どうしてこの部分だけ日に焼けないんだろう」
「どうしてみんなと違うんだろう」
「よく見ると、なんだか気持ち悪い」

そんな風に思うようになってきて、この白い亀が鬱陶しくなってきた。
白い部分を無理やりこすって、周りの皮膚と同じ色にしようとしても
白い亀はびくともせずに、いつも白く光って鎮座していた。


そんな折、「そんなに気になるなら・・・」 と、
母親とお医者さんが、白い亀を消す方法を教えてくれた。
おなかの皮膚をとって移植すれば目立たなくなる、とのこと。

手術っていうのをするんだ・・・
なんか怖いけど、そうすれば消えるんだ。
でも、手術ってのをしちゃったら、わたしの白い亀は消えちゃうんだ・・・


そんなことを思っていた矢先

亀が消えた。

わたしのふくらはぎの白い痣
確かにいたはずの白い亀が、消えた。


そんなこんなで、母親とも

「不思議だね。でもそういうこともあるんだね・・・」

なんて話をしたことを覚えている。

ほっとしたような、でもちょっと寂しいような気持ちになったまま
いつの間にかそんな出来事は忘れてしまって
そのまま長い長い月日が経っていた。

*

そんな、まだランドセルを背負っていた頃の出来事が
なぜか今になって何度も思い出される。


わたしのふくらはぎの、白い亀。


もしかしたら、わたしの守り神だったのかな。


幼い頃に追い出しちゃった白い亀が

今までも、今も
どこかでわたしを守っていてくれたのかもしれない。
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

衝動買い( ̄▽ ̄)

衝動買い(<br />
  ̄▽ ̄)

スタバの桜タンブラー

あんまり可愛すぎるので
自分のキャラには似合わない、と思って
一度は買うのをやめたんだけど


やっぱり買ってしまった。へへへ。


いやぁ・・・


春やねぇ~・・・


スケルトンタイプなんだけど
これにはコーヒーよりもハーブティとか入れたい気分だな。
 


| | Comments (2) | TrackBack (0)

しあわせプレート三種


いやぁ!

しあわせプレート三種

かわいいっ ・・・!

お皿の上が花盛り
まさしくひと皿の芸術だわ

食べるのがもったいない・・・


まっ、そんなこと言って
勿論ぜーんぶおいしくいただいちゃいましたけどね♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ボトルみたい

ボトルみたい

ちっちゃくて、かわいいお花

蝶々が ひらひらとダンスしてるみたい


一輪のお花の花びらが
上下二色に分かれている


マジェンタと、ゴールド


B95「大天使ガブリエル」が逆さまになったみたい
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

梅の香りに癒されました


先週はかなり疲れたけど
土曜日にたっぷり寝たせいか、日曜の朝は爽やかに目覚めた。

で、思い立って

またまた鎌倉日帰り遠足に行ってきた。


花粉はかなり飛んでるけど、医者の薬を飲んでいるから、かなり楽だし
天気も穏やかで、午前中には鎌倉に着いたし。
すべてが順調♪ ← このときはまだそう思っていた・・・;

時期としては、ちょうど梅の頃。

迷ったあげく、北鎌倉方面はあきらめて、二階堂方面へ行く。

浄妙寺 → 杉本寺 → 荏柄天神社 → 宝戒寺 とゆっくり巡って
あとはお散歩して鎌倉駅まで帰ってこよう・・・と、大まかにコースを決める。

2008_3_014

2008_3_063

2008_3_047

2008_3_007

2008_3_069

色んなお花が咲いてたよ。

梅も色によって、香りが違うんだよね・・・
鼻をくっつけて、深く呼吸をして、春の香りで満たしていく。
水仙もいっぱい咲いていた。
なんだかほんとにいい香り・・・♪


それにしても。

実は今日の遠足、しょっぱなからやっちまいました。


最初に行った浄妙寺で、高台のベンチに座りながら
持ってきていたパン、「ヤマザキ・ランチパック・いちごホイップ」を食べていた。

受付でもらった浄妙寺のしおりを見ながら、ぼーっとパンを食べていると
突然、後ろからなにかハタキのようなもので殴られるような衝撃が・・・!


思わず「ぎゃっ!!」と叫ぶわたし。


しばらく何が起こったかわからず呆然としてしまった・・・
 


と、ふと気がつくと
手に持っていたはずの「ヤマザキ・ランチパック・いちごホイップ」がない!!!


視線の先には、なんだか妙にデカイ鳥がひゅーんと飛んでいる・・・


はっ! そういうことか!!


とんびだ!とんびにやられたんだ!!


わたしの「ヤマザキ・ランチパック・いちごホイップ」がぁぁっ!!!


 
・・・頭の中を、♪飛ーべ飛ーべー、とーんびー、そーらたぁかぁくぅー・・・・♪

と、小学校で習ったとんびの歌が流れ出す・・・


ヤツはわたしをぶん殴った上に朝食のパンを奪って去って行ったよ・・・


と、ハプニングにぽかんとしながら砂利の坂道を下っていく間
よそ見をしながら歩いていたら、今度は足を踏み外してしまい
そのまま坂道を転がり落ちてしまった。
アホだぁ・・・

あんなに派手に転んだのって久しぶり・・・

しかも、足を打ちつけてジーンズも破れてしまい
めくりあげたら肉が破けて裂けて、血がとまらないし(ToT)
ティッシュはすぐに血で染まるし、絆創膏はあっという間に真っ赤になっちゃうし。
傷の部分も腫れ上がってきて歩くと痛む。

あたす何やってるんだろか。


でも、坂道でひっくり返りながら、わたしはおのずと


「い、戒めだ・・・」


と口にしていた。

とんびに食料奪われたのも、派手に転んで流血するのも
自分がぼーっと締まりがなく、無意識で隙だらけだったからだ。


2月はほんと、意識に残らないほどあっという間に過ぎちゃったからなぁ。


3月はもっと、気を引き締めて意識的に過ごそうと思う。


それにしても、足を痛めてから改めて思ったけど
お寺巡りは、階段が多い上に、正座をする機会がすごく多い。
今日は傷が痛む上に血が出るもんだから
その後のお寺巡りで階段がきつかったのと、お参りする際に正座するたびに
傷口が傷んで 「んぐっ!」 とか 「ふごっ!」 とか
おかしな声を出してしまった・・・(しょんぼり)


でも、帰りに寄った石屋さんのおねえさんが言うには
梅の花って、女性にとっての浄化パワーがあるんだって。

その石屋さんも、買い付け直後だったそうで
お店の中はセージを焚きまくっていたので、自分まで浄化された気がしたよ。


その後はなんだかすっきりしたせいか、急におなかが空いてきて
こ寿々で蕎麦とわらび餅食べちゃった。

 

はぁ、うまかった。

終わりよければ、すべてよし、だな♪
 


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »