« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

1月を振り返って

 
ここのところ月末で相変わらず仕事は忙しくて
つい数週間前まで「あけましておめでとう」なんて言っていたのが遠い昔のよう。

なんて思っていたら、気がつけば今日で1月が終わりなのね!!
月末で忙しかったはずなのに、今日が月末だってことに気がつかないとは・・・
呑気というかアホというか。

*

1月は、年始めから貧血を起こしたり、胃腸の調子が悪かったり
そうこうしているうちに日常に流され
カラダのバランスが崩れ、ココロのバランスの崩れも自覚してしまい・・・

自覚してしまったら、一気にフラストレーションが爆発寸前になって
しばらくはハートのあたりと目頭のあたりが常に重く澱んでいた。

胃腸の消化が悪いのも、物事を受け容れたくないからかもしれないし
古いものを浄化も手放しもできないのに、これ以上受け容れるキャパがないよ
・・・っていうサインなのかな、と思ったりした。

循環しない自分の中の澱んだ水が、日増しに量を増し
必死に抱えながら歩いている自分が見えた。


手放したい。捨ててしまいたい。

泣きたい。叫びたい。
体をじたばたさせて、なりふり構わずに暴れたい。

そんなことも思ったりして。


朝、まだ真っ暗な時間に目覚ましが鳴る。
目が覚めても、この先も暗闇が続いていくような不安。

「朝は始まり」としか思っていなかったのに
「明けない夜もあるのではないか」なんて思ってしまう。

そんなネガティブモードは、かなり久しぶりで戸惑ってしまう。


でも、どこか冷静で、やがて光を掴むこともわかっていて
今はそのためのステップだから、闇を楽しもう・・・とか、何かを掴もう・・・とか
そんな風に思ったりもしている。

*

あえてダークサイドな近頃の自分を書いてみた。
けっこう1月、煮詰まってたなぁ(^□^;

こうして振り返ることができている今、状況がだいぶ変わってきた。


3日前、相変わらずのローテンションのまま
寝起きで熱いシャワーを浴びている時
突然頭の中で声が聴こえた。


  「今を生きる。 集中する。」


このフレーズが何度も繰り返された。


仕事中も、ぼんやりしている時でも、突然この声はやってきた。


 
先日のフェルト教室で
幼い頃のように夢中になって作業に没頭していた時
わたしは確かに今を生きていた。
集中していた。


「生きる」 とは、 「息する」こと って、よく言うけど


そういえば、最近のわたしは呼吸が苦しい気がして
意識して溜息をついたり、深呼吸をすることが多かった。

息をしているはずなのに、息をしている気がしないというか。


「生きていなかった」んだ。 

「息していなかった」んだ。


と、今気づいた。


年齢的にも仕事やらプライベートやら健康面やら
これまでとこれからを考えることが増えてきて
自分で自分を必要以上に沈めていたのかも。


考えることは、悪いことじゃないけど

「今、無いもの」じゃなくて
「今、在るもの」に気づいて感謝する気持ちに欠けていた。


「もう1月が終わっちゃった」 じゃなくて、「まだ11ヶ月も残っている♪」

と思うことにしよう ^^

 
自分の中の毒を自覚できた1月よ、ありがとう。

2月は自分なりに毒出しに努める予定。


手放さなければ、入ってこない。
当たり前のことを、まずはやってみる。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ひつじったら

 
色とりどりに染められた羊毛からフェルトを作る講座に参加してきた。


これはやばい。楽しすぎる。


絵の具を混ぜるように羊毛を組み合わせて空想の世界を形にできる。

羊毛

*この羊毛からフェルトの世界が広がりまふ。


立体、円型、平面、棒状


組み合わせれば色々遊べそう。
売っていないようなものも形にできそう。
「あぁ、こういうの欲しかったんだよな」っていうものが。


それには技術が足りないけど、とにかく考えるより楽しめばいいやって感じ。


絵画のような工作のような魅力のフェルト作り。
子供の頃に無心でクレヨンやハサミを握って没頭していたことを思い出す。
フェルトのもつ温かな質感も絶妙な色合いも大好き。
ひつじさん、すごいよ。


今日は久しぶりに針と糸を取り出して、ちくちく・・・
フェルトにビーズや刺繍をちくちく・・・

仕事や雑務で日々あっという間に過ぎてしまうけど
時間を見つけてちょこちょこ何かしら作りたい。
久しぶりに右脳がぐゎわんと動いている感じがする。


ただ、ひたすらお湯と洗剤を使ってゴシゴシ擦ったりする作業を続けたせいた
手がシワシワボロボロでございます・・・( ̄▼ ̄;

 

北風吹きすさぶ帰り道
思わずドラッグストアの試供品ハンドクリームを入念に塗りこみましたとさ(買わんですまん;)
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

どうしよう

どうしよう

夜中にクルミがとまんない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マリと子犬にやられました。

 
子供と動物がセットで出てくる映画は、なんというか・・・
「はい、泣いてください」 と言われている気がして
あまり進んで観る方ではないんだけど


ほんの思いつきで、近所の映画館で「マリと子犬の物語」を観てきた。


2004年10月23日の、新潟県中越地震。
実話に基づいて作られたフィクションとのこと。

ふと観てみようと思ったのは、つい先日
阪神大震災の記事を読んだりしたこともあったからかな。


もう、やばいです。
中盤、自分でも予想外に涙ボロボロで、周りに人がいなかったら
間違いなく嗚咽してました。

瓦礫の下敷きになっている宇津井健が自分の父に重なったりして
胸が締め付けられそうになったけど
とにもかくにも犬のマリと、子役の女の子に泣かされっぱなし。
あ〜、タオル持って行ってよかった(^^;
周りからもすすり泣く声やら、かなり本格的に泣いている声が聞こえてきた。
実際に犬と暮らしている人にとっては、尚更だろうな・・・


震災の悲惨さは、本当に被災した方々にしかわからないだろうけど
関東に住んでいて大地震に遭ったことがないわたしにとって

今こうして家族がいて、仲間がいて、家があるということが
日々の何気ない生活や、美しい町並みや自然に囲まれているということが

どれほどかけがえのないことなのか、改めて考えさせられた。


それから、マリ。

勇敢で、母としての深く大きく、強い愛で子供を護るマリ。
人間のために懸命に尽くすマリ。


困っている人を助ける、というあたりまえのことが
色んな思惑によって行動に移せない人間たちが多いというのに
本当に純粋に行動するマリにはたくさんのことを教わった。

ストーリーはだいたい読めるはずなのに、思いがけずいっぱい泣いて
映画館を出たときは、なんだか毒が抜けたみたいにスッキリしちゃった。

これも浄化?


あんなに涙を流したり、カラダの奥から波が押し寄せるみたいに泣くのが
気持ちいいのなら、またあの映画を観たいな、とさえ思った。


で、気づいた。
 


自分が泣きたかったということに。

 


きっかけが欲しかったんだ、ということに。


*

 
泣いた後は、プールで泳いだ後のような脱力感。

鎧が剥がれたみたいに軽やかだった。
 


| | Comments (2) | TrackBack (0)

あの頃から・・・

 
昔のアクセサリー類がごちゃごちゃと山盛りになっていた。

思い立って手をつけて、いらないものを処分したり
リフォームに使えそうなものはビーズやパーツをバラバラにしてみたり
今になって使えそうなものを復活させるために磨いたりしていた。

そしたら、底の方からこんなものが出てきた。

あの頃から・・・

オーラソーマのボトル、B9「クリスタルの洞窟」みたい!

*

これはペンダントヘッド


確か今から10年くらい前に
社員旅行で立ち寄ったガラス工房で溶接して作った、簡単なものなんだけど
これを作った当時は、オーラソーマなんて知らなかったし
ましてそれを学ぼうなんて、夢にも思っていなかった頃だ。


その後、レベル1を受けた時に、クラスの最初に1本セレクトする際に
わたしがクラスで、最初に選んだボトルが、B9だった。

まさに、この色の組み合わせ。


観光地のガラス工房で、なぜかこの色を選んでいたわたし。

やっぱり本能でわかっているんだな。
と、10年経って再認識した。


ターコイズとグリーン
クリソコラみたい。
自然界・・・平和・・・地球のイメージ。
自由にしなやかに、自分を表現するエネルギー。


クリスタルの洞窟。
ハートの中のハート。


わたしの中の、わたしに出会う。
わたしの中のクリスタルに辿り着くための
ハートの奥の、そのまた奥への、果てしない旅。

*

このペンダントヘッドを光に翳して見ているうちに
だんだんとカラダやアタマの凝り固まっていたものが
ゆるゆると解けていくような、じわわんと広がっていくような
不思議な感覚におちいった。

何て心地いい色合いなんだろう・・・
ほっとする・・・わたしらしく居られる・・・


ごちゃごちゃしていたアクセサリーを掘っていったら見つかったっていうのも
この配色のボトル、B9に通じるところがあって
なんだかとっても意味深い。

*

ボトルと同様、光を通してこそ輝く存在なので
糸に通してサンキャッチャーの隣に、窓辺に吊るしてみた。


10年経って、やっと陽の目を見たね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ヒヤシンス

 
すがすがしい香りに誘われて
思わず「お持ち帰り」しちゃいました。

ヒヤシンス

ヒヤシンスっていうと
なんとなくブルー系のイメージだったんだけど

このピンクのヒヤシンスが可愛らしく見えちゃってね。


でも、この球根つきのヒヤシンスは売物ではなかったんだけど
それでもずっと鼻を近づけてくんくんしていたのが
「かわいそうな人」に見えちゃったのでしょうか・・・


特別に売ってくれました。


球根って、なんだか懐かしい。
教室の窓際に、みんなで並べた水栽培のお花を思い出す。

こどもの頃は「ヒヤシンス」と「アマリリス」がごっちゃになっていたなぁ〜

たて笛を吹きながら下校した記憶まで蘇ってきたよ・・・

*

まだ1月だけど、花屋の店先には色とりどりのお花がずらり
淡いパステルカラーと、甘くやわらかい香り

すっかり春の気配が漂っていました。

暦の上では、もう春なんだなぁ ^^
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

水のテーマ

 
あんなに食欲旺盛だったのに
今年に入ってから、食べ物がうまく消化しない・・・

水はけが悪い。


飲んだ水がずっと胃のあたりでたぽたぽしている。
食べたものがずっと留まっていて苦しい。

足ツボマッサージに行っても

「胃腸がお疲れですね」

と言われるし。


家の流し台や洗面所も、水の流れが悪くてすぐ詰まってしまうんだけど
わたしまでが詰まることないでしょ・・・って感じ。


年末までの疲れや正月の食べ過ぎが出ているとも思うし
自分自身の気のよどみが体に出ているとも思うし


とにかく、ゆっくりと少しずつ、食事をする毎日。
これを機会にダイエットするかな。
あくまでも健康的にね。

*

水といえば

わたしはなんだか水に縁があるな・・・と、昔から思っている。

星座は蠍座。水の星座。
水曜日生まれ。
子供のころから大好きだったのは青とか水色で、海が大好きだった。
アクエリアスとかアクアとかアクアマリンとか、水を連想させる単語に反応していたし
漢字でも「さんずい」がつくものが好きだった。
「潤う」とか「流れる」とか、いろいろね。


それに、おもしろいことに

わたしが産まれた病院は「清瀬」というところにあって
育った住所には「滝」が入っていた。

今住んでいるところは「川」と「泉」が入っていて
父方の住所には「川」とか「津」とか「湯」が入っていて
母方の住所には「沼」が入っている。

単なる偶然じゃないでしょ、きっと。


水のテーマ

水にまつわるメッセージはいろいろある。


そうやって自分のルーツを探ってみるのもおもしろい。
きっと何らかの発見があるはず。


だって、手がかりは世界中のあちこちにあるんだもん・・・♪


*

とにかく今は、この水はけの悪い胃腸の回復を願い
自分に課せられた問題と向き合ってみます・・・
ごぼごぼ・・・

 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ありがとう、さようなら

 
今年に入って体調がすぐれない中、知人の訃報が飛びこんできた。

わたしが初めて勤めた職場の先輩で
ハタチそこそこで、何もわからない小娘に
社会人としての色々なことを教えてくれた大好きな人だった。

仕事のことだけじゃなくて、人としてのいろんなこと。
残業を終えてから仲間うちで何度も飲みに行ったり
冗談言って大笑いしたり、大声で歌ったり、まじめな話をしたり・・・
今思えば、仕事よりもそういったことひとつひとつが
わたしにとっての貴重な財産になっている。

お通夜に参列したかったけど、体調を崩している中
自分自身が仕事を休むことになってしまったりで、行くことができなかった。
「仕方ないよ」 と周りの人は言ってくれるけど
最後に挨拶に行けなかった自分に、今になって腹が立ってしまう。


訃報の知らせがくる前日、なぜかふと

「わたしって、ちゃんとした喪服を持っていないなぁ
 母のお下がりがあるけど、あれは夏服だから
 冬服も準備しておいたほうがいいのかな・・・・ 」

なんてことを思った。
そんなこと、普段考えもしなかったのに。

布団に入って眠る直前、午前0時前だった。


翌日、知人が亡くなった知らせを受けた。
息を引き取った時間は、23時55分だったそうだ。


虫の知らせだったのだろうか。


いつも笑顔で頭を撫でにくる、酔うとさわってくるけどまったく憎めない人だった。
一言一言が哲学的で、小娘だったわたしにとっては師匠のような人だった。

ぷよぷよのおなか、厚い手、つぶらな瞳、オヤジギャグ


もう見れない、聞けない、さわれない。


もう来年からは年賀状も届かないんだ。


しばらく会っていなかったのに、こころにぽっかり喪失感。


これからだんだんと寂しくなってくるのだろうか・・・


どうかどうか、安らかに。
あなたの人生の1コマに、参加させてくれてありがとう。

出会えて本当に、本当に、嬉しかった。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008年はじまりました

 
新年あけましておめでとうございます m(__)m


・・・って、もう1月3日ですけどね。


正直、今年もブログ更新率は相変わらずだと思いますが
ゆるゆると・・・でも辞めずに続けていこうと思っております。


今年は元旦から3日連続富士山が綺麗に見えました♪
富士山がくっきり見えると、なんか嬉しい。 そしてありがたい。(年だろうか;)

*

先ほどスーパー銭湯で立ちくらみがして
周りの音が聞こえなくなり、目の前にマンガみたいに星がちらついて
ぴかぴか光って目がくらみ、やがて真っ白になり
しばらく立ち上がることもてきずに
真っ裸で座り込んでいたつるこです・・・


いや、あん時はマジあせった。
頭しびれて、気持ち悪くなっちゃって。
このまま倒れて運ばれちゃうのかと思った。


なんでだろう。
単なるノボセなのだろうか。


それとも。

体重がベスト時より5キロ増加していたことがショックだったのだろか・・・( ̄□ ̄;


しかし。

この肉体を晒したまま気を失うことはできないので、なんとか生気を取り戻したぞよ。


・・・ということで、近いうちに、せめて3キロ痩せることを目標にします。


そしてとにかく健康で、フットワーク軽くいきたいと思います。

何事にも前向きに。人との出会いを大切に。
これは永遠のテーマです。

*

    本年もよろしくお願い致します

 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »