« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

バリの伝統・クリームバス

すがすがしい秋晴れの今日。
クリームバスの草分け的なサロン、「クリームバスエビス」に行ってきた。

インドネシアのバティックに身を包んでサロンに到着。


インドネシア・バリ島に古くから伝わる「クリームバス」

天然ハーブやベジタブル由来のヘアトリートメントを使って
頭皮をしっかりとマッサージし、髪に栄養をゆきわたらせ
首肩背中デコルテに腕から手の指まで丁寧にマッサージ
バリに訪れたような気分に浸れる内装と、ガムランの心地よい音楽・・・


久しぶりにバリの気分を味わえたし
心地よい頭皮マッサージとトリートメントで髪もさらさらツヤツヤしっとり♪
トリートメント効果は二週間ほどもつとか。
頭皮のディープクレンジング効果は一ヶ月とか。
いわゆる贅沢なヘッドスパといったところかな。


なんか、ほんとに「抜けた」というか、すっきりいたしました。


アロマテラピーのトリートメントも好きだけど
バリにトリップしたような空間と、丁寧なヘアケアにオンナまで磨かれた気分。
ホントに至福の時でした・・・

*

わたしって、オンナを磨くということに、ちょっと照れとか抵抗がありまして
完璧なおしゃれとかメイクとか苦手だし
ネイルアートも照れくさいし
オンナを強調した服装にも馴染めないところがあるんだけど

やっぱり丁寧にスキンケアしたり、ヘアケアしたり、外側を磨くのって大事。
何より自分が心地いい。

最近こまめにハンドクリームを塗っただけでも
こんなにも手がスベスベになるのかー・・・なんて。
そんな些細なことで、毎日が少しずつ潤っていく。

これからはもっとアウタービューティーにも興味を向けようと思う。

*

今日は、わたしが生まれた日。

この世に産み落とされた、わたしのからだ。
親からもらった、大事なからだ。
大切な、いのち。

自分にとっても大事な日だけど、親にとっても記念日なんだよね。


もっともっと、自分を大切に、慈しんであげようと思う。

最近やけに、そんなことを思う。

*

誕生日にヘッドスパ。

自分への贅沢なプレゼント。


※わたしが施術を受けたのは、どうやら「クリームバスエビス」の姉妹店
 「デランジェ」というサロンの一室だったようです。(同じビル内)
 フルフラットシートでバリの雰囲気満点の個室。
 たまたま空きがあったようで、ラッキーざました♪

| | Comments (6) | TrackBack (1)

蟹づくし♪

はじめからおわりまで、かに、カニ、蟹♪

茹で蟹、沖漬け、お刺身、焼き蟹、グラタン、蟹ごはん、炙り蟹
それからそれから・・・♪


カニを堪能できたことはもちろんのこと
楽しい時間を過ごせたことがうれしい。


ほんとに満足。
嬉しかったよ。ありがとう。


カニをほじる棒にも「ホジホジ」って書いてあるよ。

なんかかわいい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

満員電車にて

満員電車にて

たった今読み終えました。

これまで読んだ森絵都さんの作品とはひと味ちがう充実感。


直木賞受賞作品の「空に舞いあがるビニールシート」

短篇集なんだけど、どの作品も人物像、世界観がリアルに描かれている。
とことん取材したんだろうな。

*

だれもが自分の人生の主人公なんだよね。

今この電車に乗っている人たちすべてが、主人公。


今日も秋晴れ。
背筋伸ばしていこう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

しばしの別れ

今日でとりあえず絵画教室でのバイトは一段落。

創作の現場で、心地よい集中のエネルギーの中で、いい刺激を受けてきた。


絵画教室には、わんことにゃんこがいる。

わんことにゃんこは、今日が最終日だということを知る由もない・・・はずなんだけど

今日にかぎって、わんこはこちらをじーーーっと見つめながら
わたしに向かって歩いてきて、四つんばいでこちらを見つめ続けていた。

あんまり目の前で動かないでいるから、いろいろ話しかけつつ
先生に許可をもらって、少しお菓子をあげてみたら
ものすごい勢いで食いついてきて、わたしの指を舐める舐める!
指まで食べちゃいそうな勢いで・・・ 単におなか空いてたのかね(^−^;


ついにバイトも終了を向かえ、洋服を着替えていると(人物モデルのバイトなので)
今度はどこからともなくにゃんこが現れた。

いつもはそんなに現れたことがないのに
最後の最後にわたしの足元に纏わりついて離れてくれない。


「とりあえず今日で最後だけど、また来るからね〜
 その時はまた遊んでね〜、寒くなったから風邪ひかないようにねぇ〜」


なんて話しかけながら着替えようとしても、とにかく体をぴたっとくっつけてくるし
しっぽを絡ませんばかりにスリスリしながら「にゃご、にゃ、にゃぁごごお〜・・・」
と、何か言っている模様・・・

ドアを開けて出て行こうとしても、今度はドアの前に立ちはだかって
「にゃごにゃごご〜」とか言いながら、ずーっと通せんぼされて外に出られずに
しまいには一緒に外に出てきて、また足元にスリスリ・・・


なんでしょか、彼らには最後という空気がわかっているのでしょか?


とにもかくにも、バイトでありながら、リフレッシュ、リラックスできるいい機会でした。


ひとくちに絵画教室といっても、当然色々なケースがある。
おしゃべりが耐えずに手が止まりがちなクラスもあったり
なんとなーく、問題を抱えているんだろうな・・・というピリピリした空気が漂っていたり

ただ純粋に絵を描きたい、という思い以外の、いろんなこと。

人が集まるところには何かしらあるものだけど。


今回は少人数で、純粋に、絵を描けるしあわせを心から感謝し、楽しんでいるクラスだった。
描いている間の緊張感と、休憩時間の心地よい弛緩。

作品に魂が込められる瞬間を確かに感じた。

*

日々仕事をしていて疲れが溜まっていたり、体調の乗らない時も確かにあった。
でも、お金をもらっている以上は仕事なんだからと思い、笑顔で臨んできた。
あたりまえのことをしただけだった。

でも、最終日のランチの席で先生は言ってくれた。

*・*・*・*・*


 時には気分が乗らないな、来たくないな、と思った日もあったと思うよ。
 でも、いつも笑顔で来てくれて、本当にありがとう。
 こうして絵を描ける喜びに付きあってくれて、本当にありがとう。
 もうこの時間がなくなってしまうのは、本当に、本当に残念だけど
 どうかまた、描かせてね。
 こうして何もかも忘れて、空っぽになって絵を描けるのは、至福の時間なんだ。
 自分はもう年寄りだし、どれだけ描けるかわからないから
 絵を描けるこの瞬間がどれだけありがたいか・・・
 本当に本当に、ありがとうね。
 
*・*・*・*・*

細やかな優しさで気遣ってくれる先生だった。
先生なのに、どこまでも謙虚なひと。


わたしにとっても、いい時間だったな。
もっと寒くなった頃に、またあのアトリエに行くことになるだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

築地木村家のサンドイッチ

聖路加国際病院に用事があって行ってきた。

久しぶりの築地。

数年前にこの近くで働いていたので、懐かしくて少しウロウロしてみた。


築地本願寺の敷地内に、「カフェ・ド・シンラン」というカフェができていた。

雑誌「ソトコト」と築地本願寺のコラボで、ロハスをテーマにしている・・・
ということらしいけど、なんとなく入ろうとは思えずに引き返して

小腹をすかせながらなんとなく向かったのは、懐かしいパン屋さん。

築地木村家のサンドイッチ

築地木村家のサンドイッチ

銀座木村屋總本店からのれん分けしたお店。

築地にいる間には、お魚の美味しいお店だの、ちょっと高級なお店だの
上司に連れて行ってもらったりしたけど
この素朴なパン屋も、上司が連れてきてくれたお店。

いろんな種類のあんぱんが有名だけど
奥で食べられるお手製サンドイッチが、なかなか美味しいのだ。
種類もたくさんあって、迷ってしまうほど。

デリバリーもしてくれるので、雨降りの日は
同じフロアの女性陣でメニューを廻して
みんなして注文したっけ。

店番をしていたおじさんが、よたよたしながらキッチンに立ち始めたから
内心「だ、だいじょうぶかなぁ・・・」と不安がよぎったけど
いつのまにか手際よく、こんがり焼けたアメリカンサンドを作り上げてくれた。


何気ないのに、やっぱり美味しい。
ベーコンもチーズも、いいものを使っているんだろうなぁ。
コールスローサラダが挟んであるのが、美味しさを引き立てている。
今度真似して作ってみよっと。


昔ながらの、年季の入ったカウンターで
お湯を使うたんびにガタンと全体がゆれるガス湯沸かし器にドキドキしながら
絶品サンドイッチを食す。
よく漬け込んだ、ピクルスの瓶たち。
よく使い込まれた、包丁が並んでいる。
可愛らしい花柄のお皿も、長いこと使い続けているんだろうな。
なんだか微笑ましい。


おじさんの手作りサンドイッチ。
なんだろう、このアットホームな美味しさは。

「老舗」というだけではない、こころもほっこりするお味でした。


| | Comments (6) | TrackBack (1)

めがね

やっと「めがね」を観てきた。

先日行った職場近くの映画館は満席だったので
昼休みに映画館へ行き、チケットだけ先にゲットしておいた。
これで安心。

気分を高める?ために、自らもめがねを装着して準備万端。

やはり噂どおり、同じようなめがねっ子率がかなり高し。
しかも女子率かなーり高し。

なんか映画館わいのわいのいっててやっぱり満員御礼・・・


映画の舞台は、春の海。
淡々と、ゆるゆると、流れていく日常。


夜のバーベキューで肉を食べまくるシーンとか
お味噌汁が香ってきそうな朝ごはんの食卓とか

こころを込めて炊いた小豆の、かき氷とか

大きな海老をむさぼり食うみんなの野性的な感じとか

おいしそう、楽しそう。
わたしも一緒に食べたくなった。


食べることって、原点でもあるからね。


お互いがお互いを、いい感じでゆるしている。
いい感じに放っておいてくれる。
とある海での、ひとときの物語。

ひとときだけど、永遠のような。


日々時間に追われてがんばりすぎている人にとっては
なにかがゆるんでいく、ほどけていく、ありのままになれる
心地よい映画のような気がする。


わたし自身も、観る時によって感じ方が違うだろうな、と思う作品だった。

個人的には、これは思いつきでふらっと行って、がらんとした映画館で
ぼーっと眺めるように体感したいような映画だなぁと思った。

そして、かなり煮詰まって疲れている時のほうが、自分には効く気がした。


どっちにしても、やっぱりもたいまさこさんにヤラレタ!

「かもめ食堂」の時もそうだったけど
あの人が出てくるだけで、ニヤニヤしちゃいますのよ・・・( ̄ー ̄)プッ


そしてサントラ盤も、ちょっと気になる。
波の音やマンドリンの音なんかも入っていそうで。

もちろんメルシー体操のテーマもね♪


| | Comments (0) | TrackBack (0)

いのちのかぎり

* ・ * ・ *

人は何か一つくらい 誇れるものを持っている

何でもいい、それを見つけなさい

勉強が駄目だったら、運動がある

両方駄目だったら、君には優しさがある

夢をもて、目的をもて、やれば出来る

*

こんな言葉に騙されるな、何も無くていいんだ

人は生まれて、生きて、死ぬ

これだけで、たいしたもんだ

* ・ * ・ *


新聞記事で見つけた、ビートたけしさんの「騙されるな」という詩


がんばらなくてもいいんだ、だめな自分でもいいんだ。
生まれて、生きて、死ぬだけで、たいした人生なんだから。


そう思ったら、なんだかがんばれる気がした。
夢を、目的を、希望をもって、がんばりたいと思った。


人は生まれて、生きて、死ぬ。


生きているって、すごいこと。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

幸せのレシピ

気になっていた映画、「幸せのレシピ」を観てきた。

なんかね、良かったです。

自分のルールに縛られたひとりの女性が、予定外の出来事によって
自分でも思いがけない道を歩みだすことになるストーリーが。

煩わしい、面倒くさいと思っていた人との関わりから
何かに気づき、だんだんと自分の殻を破っていくプロセスが。


正しいと思ってがんばってるのに、空回り。

そういうこと、誰にだってあると思う。

気づかせてくれるのは、勇気を与えてくれるのは
やっぱり人だなぁ、愛だなぁ・・・
なんて思ったりした。

頑張りすぎてる時は、深呼吸して肩の力を抜いてみると
大切な何かに気づくかもしれない。


この作品の原題は 「No Reservations」

予約なし。

予定どおりにいかない人生。
だからこそ、生きていくってワクワクと楽しいことなんじゃない?

っていう思いも込められているのかな。


きっちり正確にレシピどおりの料理を作り上げていたヒロインが
様々な出来事と出会いの中でどのように変化していくか。
自分にとってすべてだと思っていたものを手放し
自分を開いて、壊して、たどり着いた幸せは・・・


ラストカットの舞台が、彼女の選んだ道を表している。
原題「No Reservations」に込められた意味がわかる気がした。


人生は、ちょっとしたスパイスのさじ加減で
思わぬ美味しい世界を生みだすものなんだろうな。
ちょっとぐらい煮込みすぎても、かえって美味しくなったり・・・

うれしい誤算。
チーズも偶然の産物っていうしね♪


*・*・*・*

 監督は、オーストラリア映画「シャイン」のスコット・ヒックス監督。
 この映画も好きで、何回か観たっけなぁ (^-^*


| | Comments (2) | TrackBack (0)

わんこと休憩中

わんこと休憩中

バイトで絵画教室のアトリエに来ています。
今は休憩時間。

いつもこのわんこに会うのが楽しみなのです。

穏やかでやさしい眼差し。
とっても安らぐのです・・・


この夏は猛暑だったから、わんこは停めてある車の下に潜って
さらに土を掘って中に潜って眠っておりました。

アスファルトの上じゃ火傷しちゃうもんね。


今日は爽やかな秋晴れで、空気もからっとしているので
そのまま地べたですやすやと、実に気持ち良さそうに眠っておりました。


わたしが近づいたら起こしちゃった・・・ご、ごめんよぉ・・・(>人<)


| | Comments (0) | TrackBack (1)

あーあ(゜о゜)

このところの不調を少し脱して、今日はわりと体調も良かったので
職場近くの映画館で「めがね」を観て帰ると決めていた。
今日は水曜、レディースデーだかんね♪


ランラランララーン、と映画館に向かったら、なんと入り口に

「19:00の回は既に満席です。申し訳ありません。」

との看板が立っていた。

まだ1時間以上も前なのに!!


かなりガックリきたけれど、気持ちを切り替えて、別のシネコンに向かうことに。
途中下車するつもりが、うっかり空いた席に座ったら爆睡。
気がつけば地元の近くまできてしまった。。。


くー!!!くやしー!!!

気分は映画モードだったのにぃ!!!


まっ、ちょっと体調戻ったからって調子に乗らずに帰りなさい、と言われてんだな、きっと。

しゃーない。

半額のチキンとビール買って帰りました(おっさんじゃないです)

* * * * *

それにしても、世の中レディースデーやらレディースセットやら・・・
あんまりメンズデーとかメンズセットって聞かないなぁ。

女性は優遇されてますな。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »