« サンジェルマンとローズウォーター | Main | ねらったわけじゃないんだが・・・^□^; »

エンジェル・エンジェル・エンジェル

ふらっと立ち寄ったブックオフで文庫本フェアをやっていたので
とりあえず5冊買って帰ってきた。

その中の2冊を読み、3冊目も昨日読み終わった。


梨木香歩さんの「エンジェル・エンジェル・エンジェル」


エンジェルという言葉に敏感なつもりはないんだけど
3回繰り返しているこのタイトルに、なんとなく惹かれて読んでみた。


何ページか読んでみて、どうやら介護が必要なおばあさんの話だということがわかった。

先日訪れた特別養護老人ホームでの出来事が思い出されて
リンクしているな、と思ったけど

それはこの小説を形成する一部分であり、流れるテーマはもっと違うような気がした。


おばあちゃんと、孫のコウコとの夜の会話。
エンゼルフィッシュと、モーター音。
真夜中に呼び覚まされる、過ぎ去った青春の記憶。
世代を超えた、「さわちゃん」と「コウちゃん」のやりとり。
かつて少女だった、さわちゃん。
青春の苦い思い出。
とりかえしのつかない出来事・・・


祈りと呪いは紙一重だ。
そして、気づいた時には手遅れの時がある・・・


けれど、


手遅れだと思っているのは自分だけなのかもしれない。


「さわちゃん」が、ずっとずっと心残りに思っていた傷が癒された瞬間
わたしも同時に癒された気がした。


わたしは、あんまり「癒し」っていう言葉を頻繁に使わないようにしているんだけど
この小説には「癒し」というものを感じた。


そして癒しのチカラは、事情を知らない周りの人々にも伝染していく、ような気がした。


梨木香歩さんの小説は、出てくるモチーフがそれぞれ生き生きとした言葉のよう。
繋がりあって、絡まりあって、やがてひとつの大きなパズルが完成するようなイメージ。
いろんなパーツを繋げてつくる、パッチワークのキルトのようでもある。


この世のすべてが必要があって存在し
影響しあって成り立っているということを
思い出させてくれる。


梨木香歩さんの小説は、ラストに奇跡のような救いがある。


やわらかくて、じんわりとあたたかくて
光と闇をうまく融合させた、救いのあるストーリー。


このお話にも救いがあった。


またしばらくしたら、読んでみたい。

|

« サンジェルマンとローズウォーター | Main | ねらったわけじゃないんだが・・・^□^; »

Comments

つるこさんこんばんは(^^)
またまた、あらら…??と思ったのでコメントしてしまいます♪
梨木さんの本。
以前ブログに書いたのですが、
私は『西の魔女が死んだ』という本がとても大好きです。
読み終わった後の、なんともいえない感じ。
心のもやが晴れ渡り、爽やかな風とともに切なさがある。
本当にハートの場所から何かが開放されていく感じでした。
年数をあけてまた読みたい。
10代(は、とっくに終わってますが…苦笑)、
20代、30代。
自分の年代が変わる度に受ける印象が変わりそうな。。
そんな本でした。
コメントを書いていたらまた読みたくなってきました(笑)

『エンジェル・エンジェル・エンジェル』は
読んだ事がないので、早速読んでみようと思います♪

Posted by: 糸ウリ | September 09, 2007 at 12:03 AM

近ごろシンクロ続きの糸ウリさん♪

「西の魔女が死んだ」は、わたしも好きで、以前ブログにも書きましたよ♪
ジャムをつくる場面や、ハーブティーを芝生に「飲ませて」あげる場面や、
眠れない夜のおまじない、「ナイナイ・スウィーティー」(でしたっけ?)とか・・・
ひとつひとつのエピソードもなんだかいいんですよね。

わたし知らなかったんですけど、「西の魔女が死んだ」って映画化されるんですってね!
イギリス人のおばあちゃん役は、シャーリーマクレーンの娘さんだとか。
ママ役のりょうさん、パパ役の大森南朋さん(好きなんです~)も
けっこうイメージに合っている気がします。
そして隣のゲンジさんはキム兄ですって^m^

小説の素敵な雰囲気を受け継いだ、素敵な作品ができあがると嬉しいですね。

Posted by: つるこ | September 09, 2007 at 03:13 PM

つるこさんこんにちは(^O^)/

「西の魔女が死んだ」映画化するんですか~!
知りませんでした!(=^▽^=)
教えて下さってありがとうございます♪
しかもキム兄なんだ…!(笑)
素敵な映画になるといいですね~!
楽しみです(^-^)るん♪

Posted by: 糸ウリ | September 10, 2007 at 10:50 AM

 お久しぶりです!
「西の魔女・・・」が、中学生の読書感想文に取り上げられてたと知って、びっくり。感想文集にあったの。
 私も梨木さんのことをブログに書いたら、いろいろ教えてくださった方がいました。確か、そのとき、「家守奇談」をお勧めしていただいて、これがまた不思議なお話で・・・。なぜか山岸涼子さんで漫画化された絵が浮かぶのですが、いやあ、これまた本当におもしろかったです。

Posted by: 紅色林檎 | September 29, 2007 at 02:00 PM

紅色林檎さん、おひさしぶりです♪

たしかに、梨木香歩さんのお話って、不思議なお話が多いですよね。
ファンタジーであり、リアルでもあり・・・
英国に留学されていたせいか、ガーデニングやハーブの描写が
生き生きとしていて目に浮かぶような感じがします^-^
そのうち梨木さんのエッセイなぞを読んで見ようと思っています♪

Posted by: つるこ | October 01, 2007 at 12:49 PM

For newest news you have to pay a visit internet and on world-wide-web I found this site as a most excellent web page for most up-to-date updates.

Posted by: houseksa.com | May 03, 2015 at 07:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/16386798

Listed below are links to weblogs that reference エンジェル・エンジェル・エンジェル:

« サンジェルマンとローズウォーター | Main | ねらったわけじゃないんだが・・・^□^; »