« 脳内メーカー | Main | 夏のつれづれ »

いつもココロにアトリエを

母が絵を描いている関係で
昔から不定期に、絵のモデルのバイトをしている。

今月からまた、とある絵描きさんのアトリエでお世話になっている。

子供の絵画教室も開いている先生なので
アトリエには子供の伸びやかでユニークな作品がいっぱい。

絵画だけではなくて、牛乳パックやストローや、厚紙、カップラーメンの容器や
タコ糸、割り箸、キラキラ光るセロファンなどなど

色々組み合わせて、楽しくて目からウロコが落ちる作品がいっぱい!

わたしも子供のころ、綺麗な包み紙やらおもしろい素材の紙をいっぱい集めたり
身近なものと組み合わせて色んなものを作ったっけなぁ~

時間も忘れて没頭したね。


でもおもしろいことに、子供達の作品だと思ったものが
よくよく聞いたら先生が作ったものだったりする。

その先生も、あたたかくて、目が澄んでいて、子供のココロを持った人だからなぁ。


と思ったら、 「みんな子供のパクリだよ~」 なんて言って笑っている。
いつもいつも、 「子供はすごいよ。憧れるよ。」 と言っている。

ホントはすごい先生なのに、何事にも謙遜されるお方なのだ。


「みんな子供になりたいのに、無理して大人になろうとしてるんだよ」

と、ぽつりと言った。

みんな昔は子供だったのにね。


子供でもない。大人にもなりきれない。
どっちつかずのボクラ。

でも、だからこそ
感じることができることもいっぱいあるだろう。
白黒つけたがりだった過去のわたしでは感じ取れなかった痛みや悲しみも。

でも、かえって
白黒つけられない事柄も増えてしまった、今のわたし。


わからなくなった時は、深呼吸。
そして、思考を止めてみる。

自由にココロのキャンバスに描かれる世界を楽しんでみる。

幼い頃の感覚が思い出される、先生のアトリエ。

* * * * * * 


バイトで来てはいるけれど、居心地がよくて、毎回懐かしさと発見があるアトリエ。
自由でクリエイティブな空間にいると、細胞が潤ってくる気がする。

眠っていた感覚が呼び起こされる。


自分の中にもそんな空間を、常に持っていたい。


|

« 脳内メーカー | Main | 夏のつれづれ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/15846088

Listed below are links to weblogs that reference いつもココロにアトリエを:

« 脳内メーカー | Main | 夏のつれづれ »