« 天使の小箱 | Main | ムーミントロール♪ »

夢が教えてくれること

昨日の夜、ふと

「なんか、夢でメッセージを受け取りたいなぁ」

と思った。

普段からよく鮮やかな夢を見る方だけど、
こうして意識的にメッセージをいただきたい、と思うことは珍しい。

眠る前にヴァイオレットのポマンダーを使ってみた。
丁寧にオーラを保護し、深呼吸してヴァイオレットに満たされる。

ヴィッキー・ウォールが愛した、ヴァイオレットポマンダー。
昔はなんだか好きになれない香りだったけど、今は平気。
夜とか瞑想とか、こころを鎮めたい時に使いたくなる。

そして、夢を見た。

・・・・・・・・・・・・

男女20人前後が参加しているセミナールーム。
内容はスピリチュアルなことのようで、部屋は薄暗い。
薄暗いから、なおさら参加者が発しているオーラの色とか気みたいなものがたちこめている。
不思議だけど安心する空間。
なんとなく顔見知りの人もいるみたい。

そして、夕方になりセミナーも終わりを迎えた。
みんなが帰り支度をして、わたしも靴を履いて帰ろうかと思ったとき、ひとりの女性が目の前を遮るように現れた。
顔を見ると・・・どこかで見覚えが・・・
夢の中で記憶をたどる。

・・・そうだ、Nちゃんだ。

Nちゃんは、目をキラキラさせて笑っていた。
わたしに何か言いたそうな顔をして。

・・・・・・・・・・・・

Nちゃんは、わたしが5年程前にいた職場の仲間で、わたしは職場を離れてからは彼女とは会っていない。
その当時も特に親しいわけでもなかったし、お互い別の人たちとランチをしていた。
その職場はマスコミ関係で、流行や欲望や、様々なエネルギーが渦巻いている中で、彼女もそんな一見華やかな職場によく馴染んだ「イマドキの子」という印象を受けていた。

彼女は、お互いがたまたまランチ仲間がいない時や、わたしが遅番でひとりランチの時になると、わたしのところにやってきて、たまにふたりでご飯を食べることがあった。
ふたりになると、いつもの「イマドキの子」という印象とは違う顔をわたしに見せた。

クールなようでいて、実はとても心優しいところがあったり、彼氏との信頼関係が伝わってくるようなエピソードを話してくれたり、ひょんなことがきっかけで、教会に通うようになってから数年経った話、クリスチャンになろうかと迷っている話。
神様のこと、教会で出会った大好きなおばあさんのこと、ボランティアのこと・・・

なんだ、この子、いい子じゃん。

「つるこちゃん、おもしろいね」
「つるこちゃんといると、安心する」
職場で見せる顔とはまるで違う、柔らかい表情。
声のトーンも穏やかで、「そのまんま」の彼女を愛しく思った。

マスコミ業界で、他人と競争し、欲望にまみれ、忙しさの中でこころをすり減らしていた職場。
きっと当時の彼女には、本当に話したいことを話せるスペースがなかったんだと思う。

周りに合わせて表面的な会話をし、精一杯背伸びしていた彼女が、本当の自分でいられる時間だったのかな・・・

そんなことを思った。

当時はわたしも神経をすり減らし、頭で考える余裕もなく雑務をこなしていた。
席にゆっくり座る暇もなく、朝入れたお茶が、夕方まで手付かずになって冷えきっている。
血の通わない会話とやりとり。
夜になって会議室のテーブルを拭き、東京タワーとお台場の観覧車の明かりを見ていると、「あぁ、今日も一日が終わったのか・・・」と思ったものだった。
レジャーシートを敷いて、靴を脱ぎ、川べりで同僚とランチをしながら、身もこころも癒されていく感覚。
あの1時間があったおかげで、午後もなんとかやっていけたと思った。


おおお!
すっかり忘れていた感覚。
Nちゃんが夢に出てこなければ、こんな風に思い出しもしなかっただろうに。
改めて書いてみることで、追体験している。
あたし疲れていたんだなぁ~!って感じ・・・

・・・・・・・・・・

そういえば、そのころだ。
オーラソーマのコンサルテーションを受けて、「仕事辞めよ!」って思ったのは。
知人を訪ねて、数年振りにボトルを選んだ。
その時のコンサルがきっかけで、吹っ切れた。

その後、オーラソーマのレベル1を受けたんだった。

「5年後、10年後、どうなっていたいのか。
 自分に問いかけてみたら、
 今のままじゃイヤだって思ったんです。」

職場を辞めることを反対され、上司に説得された時に言った言葉だった。

あぁ、忘れてた。
そんなカッコいいこと言ってたわりに、何も変わっていないけど。

でも、今思うと、

その時はまだオーラソーマに出会っていなかったし、それに付随するスピリチュアルな世界にも無縁で無関心で、興味を持つなんて夢にも思っていなかったころだ。

そう思うと、随分と昔のような気がするし、あれから価値観も変わったし色んなワークにも参加してきたと思う。

表面的には変わっていないといいつつ、内側は大改造された気もする。

・・・・・・・・・・

今朝起きた時は、「なんでNちゃんが?」と思ったけど、
なんだかこれは大きなメッセージのような気がしてきたぞ・・・


|

« 天使の小箱 | Main | ムーミントロール♪ »

Comments

>「なんか、夢でメッセージを受け取りたいなぁ」
わぁ! なんかタイムリーな偶然! 私も最近ずっと
そう感じていて、そうすると普段とは質の違う深い夢を
見るようになりますね~。

>表面的には変わっていないといいつつ
>内側は大改造された気もする
内側が改造されるので
続いて表面も見てわかるような変化が現れるんでしょうね。
どう変化してゆくのか楽しみですね。

私は先日夢の中で、日常はあえて考えることも無いことで
でも潜在的にはすごーくこだわりをもち続けている
「ある事」をはっきり宣言したんですね。
それも相手がいて、相手にも「わかった」と承認させた。
そしたら、覚醒してもすっごく気持ちが楽になりました(笑)

実際には何も起こってないし変わっていないのに
自分だけが変化したみたいでおもしろいです。


Posted by: attitude | November 03, 2006 at 06:14 PM

以前、夢分析の先生が「夢見がうまくなる」という言葉を使っていました。
見た夢に関心を寄せたり意識することで、さらに無意識の世界から関連した夢やメッセージを送ってくるようになるとのこと。
やっぱり「意識」ってのは大事なんですねー。

ちなみにわたしが使ったポマンダーというのは、オーラソーマのグッズで、オーラを浄化したり保護したりするものです。
特にヴァイオレットは瞑想時にいいらしく、香りも神秘的な感じ。
実は昨日もポマンダーを使ってから眠りました。
電気を消して、ベッドの中で香りを吸い込んでいるうちに深く眠り、映画三本立てを観たかのような、3つのリアルな夢を見ました。
でも一番最初の内容は忘れてしまいました。
夢日記をつけるのもいいんでしょうね。(わたしはかつて続かなかった)

attitudeさんの夢も、日常は意識しないようにしていたことが、このタイミングでウズウズしてきたんでしょうね。
夢の中で宣言!しかも相手の反応も確認したと。
これは大きな癒しですね(^-^)
無意識の世界は先取りしてますから、これから意識の世界(起きている日常生活)に変化が訪れるでしょうね。

Posted by: つるこ | November 04, 2006 at 05:39 PM

実は、11月1日辺りに、夢につるこさんが出てきたんですよ。
といっても、お会いしたことがないので、出てきた女性を勝手に私がつるこさんと認識していただけなんですけど。

しかも、つるこさんにオーラソーマのコンサルテーションを受ける、という内容でした。大きな一軒家で、内装は白く、つるこさんも白いパンツスタイルで、私と母が受けていました。
ある部屋は鮮やかなバイオレットとマゼンタの色がスポットライトのように当てられていました。私の母の顔から胸にかけてはアートメイクのようにバイオレット、赤紫、バイオレットと色が付いていました。私はそれを変とは思わず、美しいと眺めていました。
つるこさんは、私の耳にグリーンのミストを吹きかけてきました。

私は普段、あまり色がはっきりした夢は見ません。モノクロやセピアほどじゃないんですけど、色の印象が薄い夢ばかりです。
なのに、今回は色がテーマかのように、鮮やかな美しい色が出てきたので、びっくりしています。特に、メインの色はバイオレットでした。

Posted by: うさー | November 04, 2006 at 06:24 PM

えっ、びっくり!
うさーさんの夢にわたしが出てきたんですか!

お母様の色、とっさにB25「フローレンス・ナイチンゲール」を思い出しました。
このボトルは文字通り、慈愛や奉仕と関わりがあり、ナイチンゲールのように、行動を持ってヒーリングを施す強い愛とも関わりがあると思います。
別名「回復期のボトル」とも言われているので、心身の疲労を緩和する役割もあるとのこと。
その色が、お母様(実際のお母様か、うさーさんの分身、母性かも?)の上半身(ハートより上→天に近い、より精神的)に見られることで、何か気づきがあるかもしれませんね。

うさーさんの耳にグリーンのミストというのも不思議。
グリーンも色々な意味合いがありますが、とっさに感じたことは
「ハートの声に耳を澄ます」
ということでした。
うさーさんが自分の心の声に耳を澄ますことなのかはわかりませんが、なんとなくそんな言葉が出てきました。

ちなみに11月1日
「111」はチャンスの扉が開こうとしているサインらしいですよ。
思ったことが現実になる・・・いいことも、悪いことも、思ったことが現実に。
「1」自体が、無から有という意味での創造性、存在とか目的という意味がありますから、それがトリプルでやってきているのも、形通り「光の矢」みたいでワクワクしますね♪

Posted by: つるこ | November 04, 2006 at 07:20 PM

わーい!ほんとにコンサルテーション受けたみたいで、嬉しいです。

確かに、部屋の色や母の色はB25に近いのですが、そのメッセージにまだピンと来ないんですよねぇ。癒されたいのは毎度なんですが。

「ハートの声に耳を澄ます」(すてきな言葉!)のメッセージのほうは、最近やっと見ることができた「かもめ食堂」の中のヒロインのセリフ、「やりたくないことをやっていないだけ」を思い出しました。
そんな風になりたい!と思いながら見ていたので。
逆に言えば、現在の「やりたくないこともやらないといけない」状態から逃げ出したいのでしょう。

111の日にこんなきれいな色彩の夢を見たのだから、いいことが現実になるに違いない、と思うことにします。(^-^)

すてきなメッセージ、ありがとうございました☆

Posted by: うさー | November 06, 2006 at 12:15 AM

うさーさん

あくまでもわたしの感じたことなので、参考程度に(^-^)
夢に出てくるパーツも大事だけど、どんな風に登場するかで意味は全然違ってきますし、それよりも夢をみたうさーさんが「どんな気持ちがしたか」が重要だったりするようですよ。
(誰かが死ぬ夢でも、それが悲しいのか穏やかな感じなのか、など)

わたしは、うさーさんの見た夢について考えたことが、実はわたし自身にとってのメッセージかも?とも思いました。

こうしてシェアしていただいて嬉しかったです☆

Posted by: つるこ | November 06, 2006 at 08:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/12537709

Listed below are links to weblogs that reference 夢が教えてくれること:

« 天使の小箱 | Main | ムーミントロール♪ »