« 愛と感謝とありがとう | Main | イッツ・ア・スモールワールド »

桜の季節に

昨日は3月31日。

様々なところで、様々な別れがあったと思われる。
わたしの職場でも、この日を最後に退職する方がたくさんいらっしゃった。

わたしの隣りの席の人も。


その人と隣りの席になったのは半年前。
はじめは、クールな感じで、少しとっつきにくい印象だった。
いつもキリッとして、すこしつんとした表情をしていた。

それでもあまり先入観を持たないようにしているわたしとしては、「まずは話してみないと」と思っていたので、他愛のない話を重ねるうちに、だんだんと印象が変わっていった。


あぁ、この人は・・・
人にお世辞を言わないし、おべっかを使うこともしない。
嘘をつけないんだ。正直なんだ。
誤解されやすいけど、こころの芯の部分がピュアなんだ。
正義感が強くて、弱いものいじめをする人を許せなくて、
物の言い方がちょっときつい感じがするけど、誠実な人だ。


ということがわかってきた。

そうしているうちに、だんだんと打ち解けてきて、
日々のことをおしゃべりしたりして、最初の印象とは大分変わってきた。


その彼女との関係がだんだんと変化していったのは、去年の冬頃から。

わたしがオーラソーマのクラスに参加するために、年末有給をとることになった。
休む理由を聞かれて、「カラーの学校に行く」と答えた。
カラーコーディネート?と聞かれたので、色彩心理系かな?と答えた。
差し支えなければ・・・と、さらに突っ込まれたので、オーラソーマのクラスだと答えた。

当時の彼女は、とても精神世界や不思議系の話ができる雰囲気ではなかったので、最初にオーラソーマという言葉を言うのをためらったのだ。
けれど彼女はオーラソーマというものが、ボトルを選んでセッションを受ける、ということまでは知っていた。
案の定、怪しいものだという印象が強かったようだけど、それから彼女はオーラソーマについて色々質問をしてくるようになった。
このころは、質問というよりも詰問にも近い感じだった気がする。

今年に入ってからはさらに精神世界系の話題が増えてきた。
関係ないと思えば話題にすらしないはずが、様々なことをわたしに質問してくる。
話を聴いていると、もともと感性の鋭い人のようだから、科学だけでは解明できない何か、というものについて興味があったんだと思う。
そして疑ってはいても、不思議な出来事や見えない世界というものがあるということを確信したいようだった。
確信が持てれば、これまでの人生のつじつまが合う、とでも思っているようだった。
まるで、かつてのわたしを見ているようだった。

そうしているうちに、彼女の中で少しずつ何かが変化していったのだろう。
こちらからは何も質問しなくても、彼女の方から過去の自分の性格や、辛い出来事や、誰にも話したことのないというプライバシーに関わる話まで聴く機会が増えてきた。
わたしに対しても、かなり開いてきているようで、初めのクールな印象から、だんだんと朗らかでユニークな一面が覗き始めた。


けれど、そんな矢先に
彼女にとって思いがけない、
悲しいようなくやしいような出来事が起こったようで

元気がなくなり、口数も減り、溜め息をつくこともあった。
かなり落ちているのかな、と思ったけど、
敢えてわたしからは何も聞かなかった。
いつもどおり、日々の話をし、今までどおりのわたしでいた。
言葉にはしなかったけれど、
話したい時はいつでもどうぞ、という受け入れ態勢だけはつくっていた。

そうしているうちに、やはり彼女から口を開いた。
最近ショックなことがあってかなり落ちていたと。
ここから脱出するにはどうしたらいいかと。
人を許すには、イライラを消すには、消したくても消せないもやもやした想いをどうすればいいのか、など。

わたしは自分なりに全身で彼女の話を聴き、そして淡々と、わたしなりに考えられる方法をいくつか出した。

でも、彼女はわかっていたはず。
その答えは自分の中にあると。

そしてしばらくして、彼女なりに少しずつ気持ちも上向きになってきたようだった。

3月に入ってからは、本当に彼女はよく喋り、笑い、感情を表現するようになっていた。
そして、以前にも増して、こころや魂のことについて興味を持ち、そういう世界はある、と受け入れられるようになってからは、発言も完全に変わってきた。
表情もやわらかくなり、人に対しても優しくなり、コミュニケーションをとることを楽しんでいるのが伝わってきた。

わたしの知り合いの店に行きたいと言われたので一緒に行った。
不思議系な品物が並ぶ店で、不思議系な説明を受けている彼女をヒヤヒヤしながら眺めていたけれど、心配する必要もないほど熱心に聴き、受け入れて、ローズクォーツと天使のエッセンスとスプレーを買っていた。
「今まで知らなかった世界だった」と言って、とっても楽しんでくれていた。


昨日は彼女の送別会。
同じチームの4人で飲んだ。
たくさんの話をして盛り上がった。
楽しくて、あっという間のひとときだった。


そして彼女が、わたしに言ってくれた。


今までは、目の前にあることをただ必死にこなすことしか考えていなかった。
悲しい時も、辛い時も、頑張ればなんとかなるって。
今までずっと、そうやって生きてきた。
そういうものだと思っていた。
仕事にしても、次の職場でどれだけスキルアップできるか。
それだけが目標だった。

でも、今は、
次の職場で、どんな人と出逢えるかな・・・
そんな風に思っている。
こんなことは、生まれて初めてのことなんだ。
今までの人生が、世界のすべてではなかったんだ。

今は、見えない世界が信じられる。
すべてが魂の学びであり、メッセージであると感じられる。
これまで信じられなかったことを、信じられるようになった。
この職場に来て、確実につるこさんに導かれたんだよ。


・・・って。


胸が揺さぶられ、涙が出そうだった。

半年間、隣りの席で、毎日のようにくだらない話や笑える話から、誰とでもできるわけではない深い話まで、本当にたくさんのことを話してきた。
半年間の間に、その彼女が確実に変化し、苦しい思いを経て、今はとても穏やかで瞳が輝いて、頭ではなくてこころで話をする素敵な女性になっている。

わたしのほうこそ、ありがとう。
本当に、あなたの隣りでよかった。


駅で別れ際に、

「魂の第一課程、終了しました。
 またしばらくしたら、ご教授下さい。お元気で。」

と、彼女が言った。

なんでわたしが年下なのに敬語なの?

・・・と、突っ込みを入れたくなったけれど、

彼女の瞳が澄んでいて、
半年前よりも確実に美しく、晴れやかで
咲き始めた桜の如し君・・・なんて思ったよ。


出逢いと別れ

そして、新たなる旅立ちの季節。


わたしも、ぴしっと背筋を伸ばして
凛とした桜のように咲いてみたい・・・そんな春です。


|

« 愛と感謝とありがとう | Main | イッツ・ア・スモールワールド »

Comments

つるこさんこんにちは。

すごい!いい話すぎて言葉にならないです!!
その方、心を開いていって、どんどんキレイに輝いていったんだろうな~と、思いますよ!
私のところまで、そのキラキラオーラが届きそうなくらいでした。

私も、相手からこういう言葉を聞いた時が、
オーラソーマをやっててよかったな~と、思う瞬間です☆

Posted by: MISA | April 02, 2006 at 12:37 AM

>MISAさん

ひとりの人が苦手だった「心を開く」という作業をして、日に日に変化していく姿を側で見ることができて、わたしも素晴らしい体験ができました。
周りの人も彼女の変化に驚いているけれど、きっと本人が一番驚いているんじゃないかな?
自分でも「今までの人生で信じられなかったことを信じられるようになるって、すごいことだよ。」って、興奮して話していました。

さっき彼女からメールがきました。
この職場での最大の収穫は、わたしや、同じチームのみんなと会えたこと、心について学べたことだと。少しでもやさしく強くなっていけるように、これからも心を見つめていきます、と言ってくれました。

どの会社にも、そこに行く意味があり、学びがある。
テクニカルスキルだけではなく、ヒューマンスキルを磨くこともできる。
なんだか勇気と希望が湧いてきました。春だなぁ~♪

Posted by: つるこ | April 02, 2006 at 05:32 PM

 素敵な話だ!つるこさん。そう思うと明日出勤することが楽しみになってきたよ。ありがとう!今年はどんな人と出会えるかな?

Posted by: caetanov | April 02, 2006 at 06:48 PM

>caetanovさん

人が何かに気づいて成長していくのって、美しいですね。
そしてその人の周りの人も、影響を受けて、輝きはじめる。
やっぱり人間は、人の間で育っていくものなのでしょうね。
(金八先生みたいなこと言っちゃったよ、かゆい!)
明日から新しい人たちが会社にやってきます。
新しい出会いと始まりに、わくわくの春でございます♪

Posted by: つるこ | April 02, 2006 at 08:13 PM

素敵な経験ですね〜。

これこそ、つるこさんの「魂のお仕事」という感じで
うらやましいです。

Posted by: 葉月樹 | April 06, 2006 at 01:50 AM

葉月樹さん

魂のお仕事かぁ・・・
確かにこういう役割、嫌いじゃないです。むしろ喜びなのかも。
でも、一番癒されているのは私自身のような気がします。
様々な人から刺激を受けて、わたしも素敵に成長していきたいですo(^-^)o

Posted by: つるこ | April 07, 2006 at 12:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/9384876

Listed below are links to weblogs that reference 桜の季節に:

« 愛と感謝とありがとう | Main | イッツ・ア・スモールワールド »