« イッツ・ア・スモールワールド | Main | 4/7 不可思議な夢 »

終わりと始まり

春はお別れの季節です。
新しい旅立ちの季節です。

今日もまた職場を去る人がいて、ちょっとしょんぼり。

そんなに接点はなかったはずなんだけど、今年に入ってから少し距離が近くなり、気づけばけっこう良くしてもらったり可愛がってもらっていた人が地方に転勤することになった。
まぁバタバタと忙しそうな人だし、仕事で絡む人にとっては色々とあるのかも知れないけど、わたしとしては害もない関係で、楽しい思い出ばかりだった。

見かけによらずお菓子が大好きで、実はコドモのような人だったので、同じチームの女性とお菓子の詰め合わせをプレゼントした。
その人の大好物と、ウケ狙いの駄菓子や子供向けのお菓子。
パッケージにも落書きをいっぱいして、ふざけたコメント満載の寄せ書きも添えてキレイにラッピング。

思いがけないプレゼントに、「すっげーうれしい!」と喜んでくれて、一緒に写真を撮ったりした。


準備するまではイタズラ心に火がついて、みんなで盛り上がっていたのに、なんだか渡した後は祭りの後のような寂しさ、むなしさが襲ってきた。

3月から4月にかけて、お別れが続いたからかな。
こういうのって、けっこう慣れていたはずなんだけど。

自分にとって影響のある人との別れは
やっぱり寂しくなってしまうんだろうな。
新しい始まりっていう上向きな気持ちはもちろんあるんだけどね。

派遣で働いていると、去ることには慣れているんだけど
送り出す方が、ちょっとばかりしんみりしてしまうものなのかな。


帰り道、なんとなく花屋さんの前で立ち止まった。
ローズ・フェアをやっていた。

色んな色の薔薇の花の前で、
今日のわたしは、めずらしく黄色い薔薇の花に惹かれた。

薔薇だったら真紅やピンク系、白なんかが好みなんだけど、
今日はむしょうに黄色に目がいった。

何色を買うか迷って、実際に手にとってみたりしたんだけど、
大分長いこといたのに、結局買わずに帰ってきた。

たくさんの薔薇に囲まれているうちに
なんだか満足してしまったのかも。

色んな色の、特に今日は黄色い薔薇を見たり、触れたりするうちに、だんだんと元気が湧いてきた。
気持ちが上向きになって、明るい気分になってきた。

今日は、黄色が必要だった。
黄色に救われた気がする。


わたしたちは、必要な時に、必要な場所にいる。
だから、出会ったことは必然で、離れることも、また必然。
けれど、悲しいことではない。
それぞれが絶妙なタイミングに、出会うべく人と出会い、
必要な学びを終えたら、次のステージへ行く。
それだけのこと。

だから、今は少ししんみりしていても、
出会えたことに感謝して、新たな場所での幸せを祈ろう。


先週職場を去った、となりの席にいた人からメールが来た。
新しい職場での近況が綴られていた。
うまくやっていけそうな予感と、
会社の前の大きな公園に咲く桜に励まされていると。
前向きで、明るくて、春の日差しと桜の香りが漂うような文面だった。


彼女の新しい始まりが、

桜の咲くこの季節で、本当に良かった。

|

« イッツ・ア・スモールワールド | Main | 4/7 不可思議な夢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/9478826

Listed below are links to weblogs that reference 終わりと始まり:

« イッツ・ア・スモールワールド | Main | 4/7 不可思議な夢 »