« 気づいたら買っていた | Main | 思いがけないプレゼント »

雛祭りに思ったこと

近ごろ疲れが溜まっていて、
腰も背中も肩も凝りに凝ってしこりのようになっている。
おなかの調子もいまいちだったし、
でも仕事でパソコンに向かい続けなければいけないし、
この2日間は目も真っ赤に充血して光を見ているだけで滲みてしまって、今朝はコンタクトも無理やり入れて体をひきずるような思いで出勤し、波打つような頭痛と闘いながら定時までがんばった。

とは言っても周りにはそんな風には見えなかったと思うけど。
そんな時に限ってテンション上げて笑わせたりしちゃうんだ。

それでもやっぱり近しい人の前では甘えたい時もあるし、
慰めてほしかったり労わってほしい時もある。

いつもぎりぎりまでがんばっちゃう方だけど、今日はとにかく帰って早く眠りたい。

そう思ったから、好きな人と会う約束だったけど、キャンセルさせてもらおうと思って、朝メールした。
昼にもメールした。
返事がないから電話したら留守電になっていたからメッセージを残して自宅方面の電車に乗った。

そしたらだいぶ時間が経ってから、相手から電話が来た。

よれよれの状態で、電話にでた。
そんな状態だから、相手の優しい反応を期待していた。

けれど、予想に反して、
相手の声はかなり怒っていた。もともと怒るとコワイ声だから、体力も気力も落ち気味のわたしにはかなりのダメージだった。

仕事で電話にもメッセージにも気づかなかったと。
気づくわけないだろと。
ひとしきり怒り口調だった後になって
「別にいいんだけどさ」
と、怒り声のまま言った。

ちっとも「別にいいんだけどさ」なんて思っていないことがビシビシ伝わってきた。
こんな時、言葉なんてなんの意味も成さないことがわかる。
むしろその言葉を聞いてよけい腹が立ってしまった。

わたしだって会いたかったのに。
こんなに調子を崩してつらかったのに、
仕事よくがんばったねって、
体大丈夫?ゆっくり休んでねって、

そう言って欲しかったんだ。
ただわたしを気づかって欲しかったんだ。

でも、わたしが「ごめんね」って言っても、
自分が無駄足踏んだことに腹を立てたのか知らないけど、
あんまりだと思ってしまった。ただただ情けなく、悲しかった。


いつもいっぱいあなたのわがまま受け止めてきたのに。
わたしはどこで甘えればいいのよ。
こんな時に人の本性って出るんだ。
こんなちっちゃい人だなんて、あぁ失望だ!
思いやりなんて、これっぽっちもない人なんだ!


と、その時のわたしは思ってしまって、捨て台詞を吐いて一方的に電話を切った。

今日は雛祭りなのに。こんな日に女を悲しませるなんて。

これっきりでもいいや、って思うくらい、なんだかむなしかった。


しばらくたって思った。

周りの人に相談を受けたり、オーラソーマで学んだりもしながら、
わたしは比較的物事を冷静客観的に見れるようになっていた。
相手は別の人間なんだし、自分の思い込みや決めつけを排除して
以前よりはある一定の距離を保っていられるようになっていた。

でも、やっぱり近しい人やわかって欲しい人には、
いろいろ期待してしまうんだ。
いい子でばかりはいられない。
「こうあって欲しい」とか、「きっとわかってくれるはず」とか。
自分はまだまだだな、なんて思ったりするけど、

それすらも感じなくなったら、それはそれで悲しいことかも。

冷静になれることも大切だけど、
大切な人だからこそ、感情が掻き乱されたり
ムカついたりぶつかったりすることも必要だし。

距離感ってむずかしい。

|

« 気づいたら買っていた | Main | 思いがけないプレゼント »

Comments

つるこさんの言うとおり何でもかんでも
冷静に見ることができてしまったらそれはそれで寂しいですよね
だから自分はまだまだと思う必要もなく、
素直な心で近しい人と付き合っていければよいですね

言葉は発信する側と受け手側の解釈が違って当たり前のことで
自分の心のフィルターをどれだけクリーンにしても解釈が必ず介在しますよね
それは自分が相手に投げかける時も同じ

言葉って難しい
自分の心を美しく綺麗に保つのって難しい
そして自然であることも難しい

もしかして少し、同じようなこと考えてたりするかもしれませんね
つるこさんのお話、共感してしまう今日この頃です

Posted by: parachan | March 04, 2006 at 10:22 AM

そんな彼はnamilindaが説教してやる(`□´*)
といっても、今頃彼はどうやってあやまろうか、感情にまかせて怒ってしまった自分を、つるつるは許してくれるだろうか心配してるんだろうな。
やっぱり自分にとって大事な人だからこそ、わかって欲しい人だからこそ、こっちもムキになって怒ったり感情的になってしまうんだよね。
わたしは色んな場面で、カッとなったり、ぶすくれたり、だまりこんだりしちゃうけど、やっぱりそれでは自分がどうしてほしいのか伝わらない。
でもわかって欲しい時こそ、冷静にちゃんと言葉にして気持ちを伝えなければいつまでも相手に伝わらないんだよね。

つるつるへのフォローのコメントを書こうとしていたけど、書いてるうちになんだか自分へのコメントになってきたよ(^_^;)
自分で書いてて、ちょっと悩んでいた答えの糸口が見つかった気がした。

ゴメン、全然フォローになってない~!!

Posted by: namilinda | March 04, 2006 at 08:31 PM

parachanさん

言葉が欲しい時もあるけど、言葉が邪魔になる時もありますよね。

わたしは人との空気感とか間合いとかに反応しやすいようで、言っている言葉も気になるけど、言った後の間とか声の調子とか、表情とか、そういうことにすべてが表れるなぁ、なんて思っています。

できることならポジティブなことばかり発信していきたいけど、それができない時にはそこに気づきがあると思うので、

しっかりぶつかって、何かを持ち帰りたいと思っていますp(^-^)q

Posted by: つるこ | March 04, 2006 at 08:43 PM

あれ?あたいがparachanさんへのコメント載せたら、
すでにnamilindaたまからのコメント入ってきてたよ。

ありがとね~、しっかりフォローになってまっせ。
さすがnamiたま。ほんとに頼もしいわんっ♪

・・・ていうか、わたしとしては「あいつめ~!」というより
「あっちも仕事で大変だったんだよなぁ」とか思ったりして、
こうして記事にしたことを怒ってるかも、と少し心配しております。
でもでもっ、たまにはあたいだって言いたい事あるんだよ!
と思って書いたのであります。

昔のわたしは、気持ちを言葉で伝えることが苦手だったんだ。
相手の気持ちを考えすぎたり、自分の感情に振り回されたりで、どう話せばいいのかわからなくて黙り込むクセがあったし、そういう自分を変えたくて仕方なかった。
今は、言葉で伝え合うことで、救われたり傷ついたり、いろいろあると思うけど、相手に対する思いやりさえあれば伝わるんじゃないかな、と思う。もちろん言葉以外の方法でも。

まだまだ不器用なんだけどねぇ・・・(^。^;

Posted by: つるこ | March 04, 2006 at 09:55 PM

つるこさんこんにちは。
カラダ大丈夫ですか??
肩こりすぎると頭まで痛くなっちゃいますよね。
こんな時こそ、リフレクソロジーしてあげたいですよ。
(私、リフレの学校も行ってたんです )
仕事ってつい無理しちゃいがちなんで、
そんな時こそ、ポマンダー使って心を休めてくださいね。

Posted by: MISA | March 04, 2006 at 10:22 PM

MISAさん

「リフレクソロジーしてあげたい」だなんて・・・
なんて優しいお言葉!
弱っている時って、そんな一言にどれだけ救われることか(T_T)ジョー

リフレとかマッサージとか、相手の体に触れることも効果的なコミュニケーションですよね。
言葉とはまた違った表現だし、思いやりの形だと思います。
そんな技術を持っているMISAさん、素敵ですね(^-^)

Posted by: つるこ | March 05, 2006 at 11:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/8930427

Listed below are links to weblogs that reference 雛祭りに思ったこと:

« 気づいたら買っていた | Main | 思いがけないプレゼント »