« オープン・セサミ! | Main | ぱんつげっとしますた »

扉を開ける呪文

今年の初夢にオーラソーマのボトルが出てきたことを
先日の記事にも書いた。

名前は「オープン・セサミ」

ポジティブなメッセージが来たなぁ、と思っていた。


今朝、なんとなく部屋の隅の紙袋に目が留まった。
去年の12月に行った「癒しフェア」でもらってきたパンフレットやらチラシやら名刺やら、色々と入っていた。
そういえば、ちゃんと見ていなかったなぁと思って出してみた。

その中の「オーラ・レポート」の最後のページがひっくり返ってこちらを向いていた。
ポラロイドで撮るオーラ写真と、特殊機械を使って詳細をレポート形式でプリントしてくれるオーラ写真と二種類撮ったのだが、レポートタイプのものは、写真やカラフルなグラフなどを含め、22ページにわたって細かい分析と文字で埋めつくされていたので、読むのを後回しにしていたのだった。

そのひっくり返ったページの文を読んでいて、あっ!と思った。

あなたがバランスのとれた人生を送るために最初に必要となるのは、感情的にオープンでいて、あなた自身そして他の人たちの感情を感じ取ることです。

自分の内面の奥深くに入りこのような感情が出てくるのを許すためには、かなりの勇気が要求されます。

このような感情的なオープン性と感受性によって、あなたは自らの心を使うだけでなく、さらには感情によって発生するパワーが得られるのです。

あなたが一度、あなた自身の感情と感性に触れることができれば、あなたは直観というものも人生において重要な要素であることを知り始めることができます。

直観というのは、心を開き、猜疑心を持たないで、新しい革新的なアイデアを受け入れるということです。

また、これによってあなたの持つ潜在能力を引き出す欲求が生まれます。

あなたは、まわりとの調和を得るために、あなたの猜疑心が実は不安定な基礎と変化に対する恐怖から生じているということを認めなければなりません。

あなたはデータ、統計学や事実的裏付けがないときにでも、新しい場所に足を踏み入れ、変化に対してもオープンな気持ちで受け入れることを学ばなければなりません。

また、あなたは柔軟でいて、リスクをも受け止める気持ちを持たなければなりません。

ほとんどすべての発明や革新的なものは、心を開いた直観的な能力を持った人たちの手によって開発されているのです。


何度も出てきたよ、「オープン」ってのが。
しかも、ボトルの解釈にかなり近いものを感じる。
自分でも、オープンセサミの夢を見た時に、自分の内側にも外側にも開いていくことで大いなるものに繋がっていく、そしてそれを分かち合っていく・・・ということを感じていた。
日々の生活ではオープンにしているつもりでも、深い部分ではどうなのか。
特に自分の辛い過去や見たくないもの、未知のものに対する不安に対しては、オープンになりきれていないのではないか。
そんなことを問いかけられている気がした。

うーん、シンクロしてるなぁ・・・と思って、
さっきcaetanovさんのブログに遊びに行き、何気なく過去の記事にも目をやっていると、見落としていた記事に気づいた。
そこに紹介されていた鏡の法則に、またもやシンクロを感じた。
しかもその文章はコピーOKで、みんなに「分かち合って」いいそうなので、紹介させていただくことにした。

自分に起こっていることは、
自分が作り出しているということを思い出そう。
そして自分と向き合おう。
他人を、特に身近な人を一部分だけで判断せずに、
様々な側面から感じてみよう。
自分のことを信じることは大事だけど、
それと同時に冷静に、自分のことを疑ってみよう。
人間、いかに思い込みが多いことか。
もっと冷静に、多角的に、あるがままを観察してみよう。
それが直観力(本質を見抜く力)を養うことに繋がるのだろう。

今年の初夢で現れたボトルから、
自分に必要なメッセージが続いています。

オープン・セサミ!

目の前の扉を開ける呪文を探し出そう。

なんだか今のわたしなら、
扉の向こうに何が待っていても、受け止められそうだよ。


|

« オープン・セサミ! | Main | ぱんつげっとしますた »

Comments

 開くっていうこと。なんて難しいことだろう。自分でも気がついているのは、誰にでも開いていない自分のココロ。親しい人や、気を許した人には開くけど、そうでなかければ、壁を作っている自分の心。忙しいと自分のことしか考えない自分のココロ。
 私は、スペースだし。つるこさんはオープンってことか。
 オープンでいるためにはスペースは必要だし。ああ、いつもつるこさんが捜してくる変なもの(ごめんなさい)は、笑いを呼んでくる。笑いって言うのも、一瞬にして心をオープンにする不思議なものだ。笑っている時は可笑しくて、この人がどうだとかああだとかまったく考えていない。
 私の心の扉を開ける呪文は、きっと今は掃除なんですね。
 使っているボトルは、行って木を抱きなさいで、すごくグリーンがしっくりくるのです。自分が蒔いた種を摘む時が来ているのかなあ。先日、風景の写真を見て、はっとした配色が上がゴールドで下がロイヤル・ブルー。調べてみると、今の自分にヒットしているボトルなのかも、と思いました。つるこさんはボトルをすべて持っているのですか?私は、全部、買おうかどうか迷っています。そのためにスペースを空けているのかもしれない…。

Posted by: caetanov | January 10, 2006 at 10:56 AM

caetanovさんの今のテーマはスペースですか。
わたしもオープンになるにはスペースが大事で、部屋も片付けなければ!と思っています。きっと気持ちの整理もついてくるはずですしね。

確かに、笑うことは腹式呼吸で大声出して、顔の筋肉もお腹もゆるむ。ハートも風通しが良くなって、スペースができますね。
大声で泣いてバリアを解いて、大声で笑ってエネルギーを得る。
それってすっごい健康体になれそう!

caetanovさんが風景の配色から得たインスピレーション、わたしも感じていたんです。
わたしはここ数ヶ月、会社の席から見える夕日のオレンジと、迫り来る宵闇の深いブルーの二色が美しくて、仕事の疲れもふっとぶようでした。
ふと、B72のブルー/オレンジのボトルが浮かんできて、これも何かのヒントになるかなぁ、と思っています。
生活の中でいろんな色のメッセージを感じ取れることが、わたしの日常を彩ってくれています。
ちなみにフルボトルは持っていません・・・欲しいですねぇ。
置き場所もあるけど、金銭的にも・・・(-。-;
コンサルの練習もしていきたいので、近い将来手に入れようと思っています。

Posted by: つるこ | January 11, 2006 at 10:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/8047675

Listed below are links to weblogs that reference 扉を開ける呪文:

« オープン・セサミ! | Main | ぱんつげっとしますた »