« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

THE 有頂天ホテル

ちょうど時間があって、
近所で1000円で観れる日だったので、
映画「THE 有頂天ホテル」を観に行った。

単純に面白かった!
テンポも良くて飽きなかった。
笑いどころもいろいろあったし。

とにかく登場人物もいろいろ出てくるので、自分にあてはまりやすい人が誰かしら見つかる感じ。

個人的には伊東四郎にヤラレました。
早く洗顔クリーム投げてあげたかった(笑)
西田敏行と梶原善のやりとりにも笑えたし、オダギリジョーの特殊メイクにもあぜん・・・(゜。゜;)))
ひとりで酔っちゃってる秘密探偵のアリキリ石井さんもいい味出してました。

篠原涼子って、なんかすっかり実力派女優という感じがしてきた。
やっぱり旦那様の影響かしら。

あー、あとクネクネダンス、見たかったなぁ!!!
(観てない人のために多くを語らず)

事前にTVでメイキングも見ていたし、正直言って想像の域を超えることはなかったかな?とか、細々したところのつっこみどころとか無いわけではないのですが、単純に楽しかったし、何度か吹き出しちゃう場面もあった。
でも笑いだけじゃなくて、ふと考えさせられるところもあったよ。
自分に自信をなくしたり、諦めちゃったり、必要以上に自分を大きくみせようとしちゃったり・・・なんてシーンも、きっと誰にでも経験のあることのような気がする。

そうそう、なんとなく観る前から感じたんだけど、
「ラブ・アクチュアリー」を彷彿とさせる気がした。
たくさんの登場人物のストーリーが交錯しているところとか、影響しあっているところとか。
ラブ・アクチュアリーがいろんな愛の形をテーマにしているとしたら、有頂天ホテルは「自分のハートに正直に生きる」とか「ほんのちょっと勇気を出してみる」とか、そんなことを言いたかったのかな?なんて思ってみたり。
ポスターの感じもとっても似ているような気がする。
・・・って思うのはわたしだけかな?

みんな色々あるけれど、
みんなそれぞれのしあわせ見つけようぜぃ!!

と思った夜でした♪


| | Comments (10) | TrackBack (1)

女神のセミナー

先週末、女神に関するセミナーに参加した。
世界の神話や伝説に登場する女神にまつわるお話や、
色と女神のエネルギーの関わり、ボトルとの関係性、
それぞれの女神に関する瞑想をして感じたことをシェアしたり、
わたしたちが地球についてできることを考えたり、
女性についての様々なワークをした。

で、思ったんだけど、

マジェンタって女神のエネルギーなんだよね。

その補色のオリーブグリーンも。

一年前にオーラソーマのマジェンタのボトルを買った。
でもその時は体に塗りたいとは思わなかったので、
ずっと部屋に飾っていた。
そのうちに風景の一部になって
存在すら忘れていた。

それが先週、突然わたしの目にボトルがキラキラと映って
突然体に塗りたくなって、今になって封を開けた。
体に塗ったら香りもいいし、お肌もすべすべして
毎日こころまで潤うような気分を味わっていた。

このセミナーに参加する直前に、突然マジェンタのボトルを使いたくなったのも、何かの前触れだったのかな・・・

なんて思っていたら、先生に言われて気がついたんだけど、
当日わたし、マジェンタカラーのセーターを着ていた。
無意識だったのに。

先生曰く、意識より先に無意識レベルで、女神のエネルギーにアクセスしていたのだろう、ということ。
それまで何となくマジェンタに抵抗があったのに、最近になってしっくりくるのは、それまでチューニングが合わずにガーガーと雑音を発していたラジオが、やっとチューニングがあってきたのだろう、ということだった。

チューニングか。
そうだよね。色だって電磁波なんだもんね。

マジェンタの女神的な面は、たくさんの愛も情熱も高貴さもやさしさも持っていて、それを分かち合っていけるところ。
細やかな配慮をもって人や物事に愛を注いでいけるエネルギー。

あと驚いたのは、その日の先生のお話が、前の日会社の人と話していた内容に対する答えのようなものだったり、週末の夜に友達と飲みながら話したことと同じ内容だったりしたこと。
とにかく色々シンクロしている。

そして一番印象に残っているのが、
最後にやった瞑想で得たメッセージ。

B034

B34 「ヴィーナスの誕生」のエネルギーを感じながら瞑想をした。

色々な映像が出てきたり、わたしの妹が出てきたりしているうちに、最近自分が感じていたことが胸にドーンときた。


幼い頃から、自分が女性であることに抵抗を感じていた。
ブルーとピンクがあったら、迷わずにブルーを選ぶ子供だった。
そう思うには当時の環境や、出来事や、様々な要因があったと思う。
本当はさみしくても強がったり、弱音を吐きたくても我慢したり、泣きたくても必死でこらえたりしているうちに、自分はそういう強い子だと思ってしまっていた。
そうして自分にも周りにも強がって厳しく接している時期があったと思う。
大人になったり、大きな出来事があったりするうちにだんだんと鎧がはがれてきて、自分らしく女性らしくいられるようになったと思う。
好きな人の前でも女性である喜びを感じることができるし、自分はすっかり女性性を受け入れていると思っていた。

それでも、まだまだ開ききっていなかったんだと思う。

最近は自分の内面に興味が偏ってしまって、新しい洋服も買っていないし、長いことマニキュアもしていない気がする。
興味がないわけではないけど、お金の優先順位が確実に偏っている。
もっと若くて自分の好きなことがわからなかった頃は、いつでもマニキュアをしていたし、何度も化粧直しをしてみたり、洋服やアクセサリーばかり買っていた時期もある。

でもね。最近気づいていた。
インナービューティーとアウタービューティーのバランス。
すべてはバランスなんだから。

せっかく女性として生まれたんだから、もっと内側からも、外側からも、美しくならなくちゃ。

今でも自分が女性であることで生じる悩みがある。
打破できずにいることを抱えている。

それでもわたしは女性として生まれてよかった。
それをもっと実感しながら生きていこう・・・瞑想をしながら、自然にそう思えた。
なんだかわからないけど、こみあげるものがあって、少し泣いた。

不思議なことに、その瞑想が終わった後にB34 「ヴィーナスの誕生」のボトルを見たら、それはそれはとてもキラキラして魅力的なボトルに見えたのだ。
それまでは、大好きなターコイズのボトルなのに、なんとなく好きになれなくて選んだことはなかった。
今思うと、きっと上層部のピンクを受け入れ難かったのかもしれない。
瞑想が終わって、自分の女性性を受容したときに、ピンクとターコイズの組み合わせが自由でしなやかでチャーミングで魅力的な、人魚姫のように見えた。


セミナー当日は雪が降っていた。
窓の外にはしんしんと白い雪が降り積もっていた。

先生は最後にこうおっしゃった。


「今日は雪が降っていますね。浄化の雪。
 今までのことが白い雪で浄化されて、
 新しいことが始まろうとしています。
 女神というのはエネルギーで、
 それぞれの女神は、いわゆる元型エネルギーの象徴です。
 そういった意味で、女性はみんな女神です。
 今日から女神のように生きようと決心することです。
 そうすることで、あなたは女神のエネルギーを
 自ら発していけるようになるのです。」


白い雪で浄化されて、ヴィーナスの誕生のボトルの瞑想をして、今までとは違う女性として誕生した気分だった。


今年の初夢に出てきたボトル、「オープン・セサミ」
自分の内側にも外側にも開いていくというメッセージ。
自分の内側を覗いてみたら、まず出てきたのはわたしの女性性の問題だった。
もっと内側にも、外側にも、自由に、女性らしい可愛らしさを持ちながら、しなやかに美しく生きる。
そうやって周りと調和しながら、それぞれが光輝く女性としてこれからの時代を動かしていける時代がやってくる。

近頃のいろいろなことがひとつになった一日だった。
それを繋いだ色がマジェンタ・・・七色のチャクラを繋ぐ色、色相を環にする色、マジェンタ。
それも偶然ではないはず。

マジェンタに導かれて女神のエネルギーを感じることができてよかった。

日本の女神、弁財天のエネルギーを感じに神社にでも行ってこようかな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

なぜにいちご?

最近やけにいちごが食べたい。

ということを先日の記事にも書いた。
デパ地下をぐるぐる周っていちごのお菓子を探した。
真っ赤ないちごがたっぷりのったケーキにも惹かれたけど、
結局買ったものは和菓子だった。
確かに美味しかったけど、今思うと、真っ赤ないちごとピンク色のおもちの配色にどうしても惹かれて、ケーキを買うはずだったのにその和菓子に決めた気がする。

去年の年末のオーラソーマ・レベル3を受講している間に、レッドという色の力について考えたり、今年の自分にとってレッドがキーカラーのひとつだろうな、と思っていた。

レッドの持つ意味はいろいろあるけれど、今のわたしにとっては

「情熱をもって、これと思ったものに集中してエネルギーを注ぐ」
「物事を現実化する」
「起こることを超然と眺める、あるがままを受け止める」

ということが自分にとってのレッドのメッセージだと思っている。

でも・・・

なんとなく、それだけではないんだろうな、と思っていた。
なぜに「いちご」なんだろうか?
トマトでも赤ピーマンでもなく。

べつに深く考えてるわけではなくて、色のメッセージを楽しんで解いてみたくなった。

「いちご」を夢辞典で見てみると、

愛情や友情のシンボル
あなた自身へのいたわりの心
新しい恋や友情が芽生える可能性
健康面への注意

などと書いてあった。

ふーん。

参考程度にしても、なんとなく腑に落ちる。
いちごって、イメージとしても女性的だったり、甘くて可愛らしかったりするし、他の赤い食べ物と比べても女性性の象徴に結びつく気がする。
自分の女性性について、近頃思うところがあった。

ちなみにトマトのページには、

生活に潤いを持つ努力の必要性
情熱や性欲の象徴
まだ青いトマトの場合は
機が熟していない
人として成長しなければならないことを意味する

とのこと。

ふむふむ。

あくまでも夢で出てくるモチーフとしてのキーワード。

やっぱりどちらにしても、レッドのキーワードが入っているんだ。
おもしろいなぁ。


ichigo

ふと、先日買ったいちごのお菓子がボトルに見えてきた。

ボトルで言うと・・・
B80 「アルテミス」 かな?

アルテミスは、ギリシャ神話の月の女神。
勇ましい狩猟の女神で、必要なものを射るための集中力、エネルギーの象徴。
自分の愛や物質的な強さと繋がることをサポートしてくれるボトルとのこと。
                                             B080

レッドとピンク、愛と集中、エネルギー

それにも納得したけど、このアルテミスが女神の名前だってことに、自分としてはビックリしてしまった。

実は昨日、女神についてのセミナーに参加してきたから。
女神に興味があったわけではなかったけど、日程も空いていたし、何より直感で「行こう!」と思い、気がつけば申し込んでいたのだった。

女神のセミナーに参加して、近頃起こった様々なことが、自分の中でひとつに繋がった。
女性としての自分を見つめる、いい機会になった。

いちごに呼ばれたのも、偶然ではないのかも・・・
まぁ単純に甘くて美味しいんだけどね♪

| | Comments (10) | TrackBack (1)

いちごが呼んでいる

むしょうにいちごが食べたい。

今日も仕事中、パソコンに向かいながら頭の中ではいちごのことばかり考えていた。
甘くてみずみずしくて、真っ赤ないちご・・・

うぅうぅぅ、いちご食べたぁい!!!

と思って仕事帰りにデパ地下に寄って、いちごのケーキを買おうと思っていたんだけど、実際に買ったのは和菓子。

築地ちとせの「春摘みいちご」

200601192125.jpg

いちごが丸ごと1個のっていて
お餅の中には桜を練りこんだ餡が入っていて
あっさり、さっぱり、春の香りの上品な逸品でございました。

TVチャンピオンでV5達成した菓子職人が製作に参加しているそうな。

だから選んだわけではないんだけどさ。

それだけでは飽き足らず、いちごそのものを食べたくなって近所のスーパーにも寄ってみたけど、もうほとんど売り切れていて、残っているのは高級そうな箱に入った、手が出ないような値段のいちごしかなかったよ。とほ。

いちごの味もさることながら、
もしかしたらレッドのパワーが不足しているのかな?
かつて父親が手術後にむしょうに食べたがっていたいちご。
普段はそんなにいちごが好きなわけではなかったのに。
友達も入院している時、むしょうにいちごが食べたかったんだって。

確かに最近、エネルギーが不足していたしなぁ。
食べ物から色を取り入れるのも、カラーセラピーなんだよね。

わたしのいちごブームは、しばらく続きそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

B67 マジェンタ/マジェンタ

今日からよろしくね

200601151436.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ハートチャクラに効く?スプレー

この冬は周りで風邪が流行っていて、
年明け早々、わたしもクシャミハナミズに襲われてしまった。
寝たらすぐに良くなったけどね。

そんなわけで、風邪予防のルームスプレーをつくってみた。

200601142134.jpg

消毒用エタノールをベースにして、エッセンシャルオイルをブレンド。

ユーカリ、ペパーミント、レモンという殺菌効果が高くてリフレッシュ系のオイルに加えて、ベルガモットも足してみた。

ベルガモットは、アールグレイティーの香り付けとしても有名なオイルで、わたしの好きなオイルのひとつ。

柑橘系なんだけど、レモンやスイートオレンジのような明るい幸福感とはまたちがって、もっと深いところにじんわり届くあたたかみを感じる。

オイルの性質としても、不安や抑欝に働きかけたり、こころを鎮静させる作用もある。

そういえばアロマの教室の先生も、同じ柑橘系でもベルガモットは気分を高揚させるだけでなく、高ぶりすぎた状態を落ち着かせたり、こころを中庸な状態に戻してバランスをとるって言っていたっけ。

そこで思った。
ハートのバランスをとってくれるんだ。

しかも、ふと思ったんだけど、ベルガモットは、まだ黄色っぽくなる前の緑色の状態の果皮を使って精油をつくるんだよね・・・

緑って・・・ハートチャクラの色じゃん!!

風邪をひくのもハートや呼吸器系にかかわるし、これは殺菌効果だけじゃなくて、ハートやメンタルにもいいんじゃないかしら?

と思って、こんなものも足してみた。

200601142123.jpg

オーラソーマのポマンダー 「エメラルドグリーン」

グリーンはハートの色、スペースの色。
バランスをとったり、自分の方向性を見つめる色。
ハートにスペースがなければ、自分の方向性は見えてこない。
なにより「今」を感じられない。

香りもクリーンで、なんだか空気を清浄にしてくれそう。
他のオイルとも相性よし。

風邪を予防して、ハートに風通しをよくしてくれるスプレー。

自分の周りやお部屋の中にいっぱいスプレーして、
自分のスペース(居場所)をクリーンにしようっと♪

毎日使うから、すぐなくなりそうだな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

検索機能つけました

今さらですが、

右サイドバーにブログ内検索ができる機能をつけました。

ていうか、前からつけたかったんだけど、ココログにはその機能がついていないので、グーグルからレンタルしてきてやってみたんだけど、なんかやり方がおかしかったみたいで文字化けするし、もういいや!と思ってほったらかしていたのです。

でも気がつけばブログを始めてから1年経って、過去の記事を探すのに手間もかかるので、ココログで使える検索機能を実際に作っちゃった(!)方のブログ、「暴想」内の記事を参考にさせていただき、本日設置に至ったわけです♪

いやぁ、これ便利ねぇ~
自分のためにつけた機能って感じだわ。


便利といえば、
先日めずらしく携帯電話を忘れて外出してしまったんだけど、
つくづくわたしって、携帯電話に依存しているんだなぁと思ったよ。

携帯があるから時計もしなくなってて時間もわからないし、
時間が空くと携帯をいじっていたせいか、なんとなく手持ち無沙汰。
それになにより、アドレスや電話番号など、大事なデータが携帯の中に入っているから、それを忘れるってことは様々な連絡先がわからなくてやりとりが出来ない。
手帳も持っていなかったのよ。
その日は待ち合わせをしていたんだけど、連絡先もメルアドもわからないから、曖昧なまま会えることを信じてある場所で待っていたら会えたからよかったけど。
相手の人も、わたしが当然携帯を持っていると思っているから、
帰ってから電話を見たら、何度も着信やメールが残っていたよ。


旅先では携帯やテレビなんてなくても平気なのに、
日常ではすっかり携帯電話に頼り切っていたみたい。

たまにはあえて、携帯を持たずに外出して
その不便さを味わうのもいいのかも。

節約にもなるしね。

携帯忘れた日も、「わたし、試されてる??」って気がしたし。
(単にわたしの不注意なんだけど)

久し振りに待ち合わせで不安やドキドキを体験したよ。
昔はそんなものなくても、ちゃんと待ち合わせもしていたんだよね。


便利さを受け入れつつ、不便さも味わいつつ・・・

必要なものだけが残っていくのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんなん買ってしもた

200601091430.jpg

下敷きです。

下敷きなんて使うことないんですが。

はい、買った理由はもちろんこのデザイン。

200601091430.jpg
裏はこんなかんじ。

あやしいもの好きなつるこにとって、
このおやじキャラは以前から気になる存在で
シャーペンやノート、ポストカードなど色々持っていたの。
以前こんなものも買ってたしね。

そしたら最近知ったんだけど、
なんと映画化されてんのね、このおやじ!

「東京ゾンビ」っていうんだけど、キャストがなんと、
哀川翔浅野忠信だなんて・・・

硬派な哀川さんがハゲかつら装着・・・

アニキ、いいんですか・・・?

浅野さんもアフロヘアー・・・

スキマスイッチみたいですね・・・

それにこのおやじたち、名前がちゃんとあったのね。

映画のチラシにも、

「アフロのフジオとハゲのミツオ」って書いてあるよ。

このオファーを受けた偉大なる二大俳優を
惚れ直してしまったつるこなのでした・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ぱんつげっとしますた

バーゲンで、かわいい下着屋さんに人だかりができていたので、
つられて参戦してしまいました(笑)

下着というより、洋服感覚。
レースがついたラブリーな感じとは違ったかわいさがあるよ。

200601071558.jpg

やっぱさ、せっかくならぱんつとぶらはセットで揃えたいじゃないすか?

んでね、おしりの大きなつるこは、ぱんつLサイズなのよ。

でもね、欲しいぱんつはLサイズ売り切れって言われて、
しょんぼりして帰ってきたの。

だけどね、ダメモトで地元近くの店舗に寄ってみたら、
笑っちゃうほど残っていたのよ、Lのぱんつが!

200601080910.jpg

思わず予備で2枚買っちゃったわよ(何の予備?)

しかも都会と違って混雑してないからゆっくり見られたし。

家の近所のチケットぴあも空いてるし、
やっぱり都会よりちょっと外れているのって
けっこう穴場なのかしら?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

扉を開ける呪文

今年の初夢にオーラソーマのボトルが出てきたことを
先日の記事にも書いた。

名前は「オープン・セサミ」

ポジティブなメッセージが来たなぁ、と思っていた。


今朝、なんとなく部屋の隅の紙袋に目が留まった。
去年の12月に行った「癒しフェア」でもらってきたパンフレットやらチラシやら名刺やら、色々と入っていた。
そういえば、ちゃんと見ていなかったなぁと思って出してみた。

その中の「オーラ・レポート」の最後のページがひっくり返ってこちらを向いていた。
ポラロイドで撮るオーラ写真と、特殊機械を使って詳細をレポート形式でプリントしてくれるオーラ写真と二種類撮ったのだが、レポートタイプのものは、写真やカラフルなグラフなどを含め、22ページにわたって細かい分析と文字で埋めつくされていたので、読むのを後回しにしていたのだった。

そのひっくり返ったページの文を読んでいて、あっ!と思った。

あなたがバランスのとれた人生を送るために最初に必要となるのは、感情的にオープンでいて、あなた自身そして他の人たちの感情を感じ取ることです。

自分の内面の奥深くに入りこのような感情が出てくるのを許すためには、かなりの勇気が要求されます。

このような感情的なオープン性と感受性によって、あなたは自らの心を使うだけでなく、さらには感情によって発生するパワーが得られるのです。

あなたが一度、あなた自身の感情と感性に触れることができれば、あなたは直観というものも人生において重要な要素であることを知り始めることができます。

直観というのは、心を開き、猜疑心を持たないで、新しい革新的なアイデアを受け入れるということです。

また、これによってあなたの持つ潜在能力を引き出す欲求が生まれます。

あなたは、まわりとの調和を得るために、あなたの猜疑心が実は不安定な基礎と変化に対する恐怖から生じているということを認めなければなりません。

あなたはデータ、統計学や事実的裏付けがないときにでも、新しい場所に足を踏み入れ、変化に対してもオープンな気持ちで受け入れることを学ばなければなりません。

また、あなたは柔軟でいて、リスクをも受け止める気持ちを持たなければなりません。

ほとんどすべての発明や革新的なものは、心を開いた直観的な能力を持った人たちの手によって開発されているのです。


何度も出てきたよ、「オープン」ってのが。
しかも、ボトルの解釈にかなり近いものを感じる。
自分でも、オープンセサミの夢を見た時に、自分の内側にも外側にも開いていくことで大いなるものに繋がっていく、そしてそれを分かち合っていく・・・ということを感じていた。
日々の生活ではオープンにしているつもりでも、深い部分ではどうなのか。
特に自分の辛い過去や見たくないもの、未知のものに対する不安に対しては、オープンになりきれていないのではないか。
そんなことを問いかけられている気がした。

うーん、シンクロしてるなぁ・・・と思って、
さっきcaetanovさんのブログに遊びに行き、何気なく過去の記事にも目をやっていると、見落としていた記事に気づいた。
そこに紹介されていた鏡の法則に、またもやシンクロを感じた。
しかもその文章はコピーOKで、みんなに「分かち合って」いいそうなので、紹介させていただくことにした。

自分に起こっていることは、
自分が作り出しているということを思い出そう。
そして自分と向き合おう。
他人を、特に身近な人を一部分だけで判断せずに、
様々な側面から感じてみよう。
自分のことを信じることは大事だけど、
それと同時に冷静に、自分のことを疑ってみよう。
人間、いかに思い込みが多いことか。
もっと冷静に、多角的に、あるがままを観察してみよう。
それが直観力(本質を見抜く力)を養うことに繋がるのだろう。

今年の初夢で現れたボトルから、
自分に必要なメッセージが続いています。

オープン・セサミ!

目の前の扉を開ける呪文を探し出そう。

なんだか今のわたしなら、
扉の向こうに何が待っていても、受け止められそうだよ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

オープン・セサミ!

あけましておめでとうございます。

ことしもつるこをよろしくおねがいいたします。


それにしても、なんか今年のお正月は寒いなぁ・・・

だからって訳じゃなく、いつもながらの寝正月・・・

確実に肥えていきそうだ( ̄へ ̄;

*********************

そうそう、朝方、初夢を見た。
けっこう長いストーリーで、前半は家族も出てきたんだけど、
くわしい内容は忘れてしまったよ。

でも、すごく印象に残っているのが、
オーラソーマのボトルがどどーんと出てきたこと。

ターコイズとゴールドのコンビネーション。
B83 「オープン・セサミ」
B083
そう、アラビアンナイトの
「開け、ゴマ!」ってやつです。
夢の中でも鮮やかな色が迫ってきて、
「あぁ、オープン・セサミだなぁ」と思っていた。

今年初めて見た夢に出てきたボトル。
やっぱりメッセージなんだろうな。

なんとなく、

「自分の内側にも、外側にも、オープンになっていきなさい」
「あなたのハートが感じたことを、分かち合っていきなさい」

っていう啓示のような気がする。

そうすることで、アリババのように宝物を手に入れられるのかも。
内側からどんどん溢れ出してきて、
みんなに分かち合うことができる宝物が。

1年のはじまりに、「オープン・セサミ」
なんだかいい年になりそうだな。

皆さんは、どんな夢を見ましたか?


| | Comments (10) | TrackBack (1)

« December 2005 | Main | February 2006 »