« レベル3 | Main | いよいよ »

深夜の会話

久々にやってしもた。

最終電車にて乗り越し。

仕事でヘトヘト、その後さらにヘトヘトになることがあり、
いやな予感はしたんだけど。
自分が降りる駅の手前で一度起きたんだけどね。
ここで寝ちゃまずい・・・と思ったのに睡魔に襲われて気づけば3駅乗り過ごしていた。
血の気が引いていったよ。あ゛~っ・・・

終電だったから当然上り電車は終了、
なんだか暗くてさみしい場所に降り立ってしまった。
都会じゃないから辺りにネオンらしきものもなく、駅前にホテルやネットカフェなどもなく、この寒空の下、朝までホントにどうしよう・・・と思ったら、ぽつんと一台だけ、タクシーが停まっているではないかぁ!!
誰にも先を越されまいと、一目散にそのタクシー捕まえましたよ!
ええ、後がないですからね!!


わたしの切羽詰った様子を見て、タクシーの運転手さんは

「あぁ、乗り過ごしちゃいましたねぇ・・・」

と話しかけてきた。

はい、やっちゃいましたぁ~・・・滅多にないんですけどねぇ、
いやいやけっこういらっしゃるんですよ、特にこの時期は・・・
皆さんなにかと疲れていらっしゃいますしね・・・

から始まって、気づけばずーっと運転手さんと話しっぱなし。
というか、運転手さんが話しっぱなしって感じで、タクシーの仕事を始める前のサラリーマン時代から、脱サラしてこの仕事についたきっかけ、タクシー運ちゃんの裏話などなど。

「サラリーマン時代は日曜の夕方サザエさんが始まると憂鬱でね」
「えー、やっぱりそうでしたか、みんな言いますよねー」
「この仕事は毎日波があるけど、一日やったらそれで終わりだから、昨日を引きずることもないから、その点気がラクですよ」

なんてことや、夜どこで車を停めていると効率がいいかとか、あの人はきっと遠くまで乗るなとか、いろいろ勘が働いてくるらしい。そうやって深夜に粘って、最後に乗せたお客さんがワンメーターで降りたりするとさすがにガクッとするらしいけど。
そういう日々のちょっとしたことで「よっしゃ!」と思ったりできれば、この不規則な仕事も楽しめるんだろうなぁ、と思った。


そういやもっと若かりし頃、こうして乗り過ごしたり終電逃したりしてタクシーに乗ると、深夜に運転手さんとお話したことがあったなぁ。

 「若い娘がこんな時間にタクシーなんて乗っちゃダメだよ!
  これからは酒飲んでふらふらしてないで早く帰りなさい!」

なんて説教されたり、

私が初めて勤めた会社を退職した日、大きな花束を抱えてタクシーに乗り込むと、これからのわたしの人生のためにって、いろんなお話をしてくれて最後に

 「おつかれさま、これからがんばるんだよ!」

なんて言ってくれた人もいたっけ。

近所で殺人事件があって、わたしがお金が足りなくて途中で降ろしてもらおうとしたら、
 
 「やっぱりこんな物騒なところで降ろせないよ!
  普段はこんなことしないんだから、内緒だよ!」

と言って、途中でメーター止めて家まで送ってくれたお父さんみたいな人もいた。

夕べの運転手さんは、顔も話し方もマーフィー岡田みたいだったから、なんか話もおもしろくて人が良さそうで、あっという間に家まで着いてしまった。
なぜかまたわたしが聞き役だったけど。
一日の終わりに、運ちゃんだって誰かとお話したかったんだよね。

「なんだか私の話ばっかりお聞かせしちゃってスミマセンね。」
「いえいえ、楽しかったです。ありがとうございました。」
「それでは風邪ひかないように。おやすみなさい。」
「お世話様でした。おやすみなさい。」


思わぬ出費が痛かったけど、たまにはこんなこともあるよね。
わたしが電車を乗り過ごさなければ、話すこともなかった人との深夜の会話。
冬なのに、なんだかあったかかった。
いろんな仕事、いろんな人生、いろんなドラマがあるんだな。

みんながそれぞれ、この時間を生きているんだな・・・

なんだかとっても、いい夜だった。

|

« レベル3 | Main | いよいよ »

Comments

当たりの運転手さんでよかったね。
こういう人だと寒さも吹き飛びますよね。

Posted by: fall | December 18, 2005 at 01:42 AM

fallさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

確かに、当たりの運転手さんでよかったです。
見知らぬ土地で、真夜中にコワイおじさんの車に乗るのはあまりに切なすぎますからね~
fallさんのブログにも足跡残しに行きますね(^-^)

Posted by: つるこ | December 18, 2005 at 02:10 PM

久々おじゃましました。

こういう温かい運ちゃんだと、乗り過ごしたことも
まんざら無駄ではなかったのかなという気持ちになります。
世の中捨てたもんじゃないぜ。
でも何駅か先で目覚めた時の、あの血の気が引く感じったら!
とても、とーってもよくわかります。
(私は朝も時々やってまうんだ・・でも今のとこ遅刻ナシ)

Posted by: ねこ侍 | December 20, 2005 at 01:18 AM

終電で寝過ごすって、ホントに血の気が引きますだぁ・・・
特に都会ならまだしも、真冬の真っ暗な寂しい駅ってのがねぇ(-_-)
タクシー捕まえられてよかっただす!
予定外の出費だったから、給料出た後で助かった!

今回運ちゃんと話してて、けっこう客の顔って覚えられてるんだなぁと思ったよ。何度も寝過ごして同じ人乗せるパターンもあるらしいし。
またマーフィー岡田似の運ちゃんに世話にならないように気をつけねばね。

Posted by: つるこ | December 20, 2005 at 10:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/7661287

Listed below are links to weblogs that reference 深夜の会話:

« レベル3 | Main | いよいよ »