« お茶の時間 | Main | イメージ・バトン »

アメイジング・グレイス

今日は朝から一日中、頭の中に
「アメイジング・グレイス」が流れていた。

会社に行く支度をしながら見ていたワイドショーで
本田美奈子さんのお通夜の様子を放送していたからだ。
バックに本田さんの歌う「アメイジング・グレイス」が流れていたからだ。

弔問に訪れた人たちのコメントを聞いていて、
人柄が偲ばれて、無念さが伝わってきて、
お化粧をしながら涙が出てきて困ってしまった。


昔、まだ彼女が新人アイドルとしてデビューした頃、
雑誌にその年の新人アイドルのプロフィールが載っていた。

「尊敬するタレント」みたいな項目に、
大半のアイドルが聖子ちゃんや明菜ちゃんと答えている中、
彼女は「和田アキ子さん」と答えていた。

今でこそバラエティーなどで活躍していて、
好感度調査などでも上位に入っている和田さんだけど、
当時は

「えっ、何で和田アキ子?」

なんて思ってしまった。

和田アキ子さんの歌は素晴らしい、
声量、表現力、日本を代表する歌い手さんだ、
というようなコメントをしていた
まだ10代の本田美奈子さんを、
なんとなく大人びた、なんとなく異色の、
なんとなく普通のアイドルとは別のような印象を受けた。

あれから年月が経ち、
最近ではすっかり実力派ミュージカル女優という印象を受けていた。
クラシックにも取り組んだり、
新たに飛躍しようとしていた矢先の訃報。

ゆかりのある人達のコメントに
「天使のような人だった」
という表現が何度か出てきた。
最後に出したアルバムが賛美歌だったというのも
なんだか切ない。

特別にファンであったというわけでもないけれど、
自分も同じ時代に共に成長していった、多感な年頃だった。
なんとも痛ましいような、悔しいような・・・


こういうことがあると、いつも思ってしまう。
確実に存在するであろう「魂」について。

あの体を楽器にして、歌を奏でていた魂。
笑ったり泣いたりして体を動かし続けてきた魂。
もう一度舞台に立つことを願って闘い続けてきた魂。
38年間、彼女の体を動かし続けてきた魂。

つい数日前まで彼女の体を動かし続けてきた魂は、
彼女の体を離れて、
今どこにいるのだろう・・・

どうか安らかに。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« お茶の時間 | Main | イメージ・バトン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/7001581

Listed below are links to weblogs that reference アメイジング・グレイス:

» 本田美奈子さんの死で悲しみが募るばかりです [芥川彫金工房☆TV・映画小道具紹介HP]
今日の朝のお天気は清々しい晴れ間のお天気です。TVやネットで本田美奈子さんの死を悲しむ姿か映し出されています。それを見るとこちらもやりきれなくなります。本田美奈子さんの大ヒット曲「1986年のマリリン」が発売された頃、私が丁度コンポを父からもらって邦楽...... [Read More]

Tracked on November 09, 2005 at 11:00 PM

« お茶の時間 | Main | イメージ・バトン »