« ベルナール・ビュフェ展 | Main | ブルーソルト・ピンクソルト »

タイフーン接近中

関東地方に台風が接近している模様。

職場でも女性スタッフは定時より1時間早く退社するように指示が出た。
以前、台風を甘く見てバーゲンに立ち寄ったために、電車が止まって悲惨な思いをして懲りたので、今日はマジメに帰ってきたのであーる。


台風というと思い出すのは、小学生の時に味わった大型台風。
確か3時間目を受け終わったときに、先生から

「台風が近づいているので、今日は4時間目で終わりです。
 給食を食べたら皆さん帰りましょう。」

という素敵な(?)お言葉があった。

まぁ、今にして思えば台風を喜ぶなんて不謹慎なんだけど、当時ちびっこだったわたしは、単純に早く帰れることがうれしくて、外の荒れ狂う雨風にもなんだかテンションが上がってきたものだった。

帰りも必死になって傘を差しながら歩いていても、激しい雨風で何度もおちょこになるし、しまいには骨だけになった傘に気づかずに必死で差しつづけている友達を見て大笑いしたり、テンションは上がるいっぽう。もうなんだかわからないけどおかしくておかしくて、笑いが止まらなくて、そのうちどうでもよくなって傘を閉じてずぶ濡れになりながら友達と手をつないで大声で歌を歌って帰ってきた。

家に帰って窓の外を見ると、ものすごい雨風で急に父親が心配になり、何を思ったのか画用紙に

「かみさま おとうさんが ぶじにかえってきますように」

と大きく書いたものを、窓ガラスに貼った。外から見えるように。
多分、神様に見てもらうつもりだったのだと思うけど。

夕方になって、母と商店街に買い物に行った。
辺りはすっかり停電していて、街はいつもとちがう雰囲気になっていた。
生ものを扱っている魚屋さんは、店頭に魚をずらりと並べて叩き売っていた。
夜は電気が点かないので、ロウソクを灯して食事をし、お風呂もロウソクを持ち込んで入った。
暗闇にゆらゆらと影が揺れて、こわくて仕方なかった。全然癒しなんて感じじゃなかった。

そんな幼い頃のとある一日なんだけど、とても鮮明に覚えている。
大人になった今でも、台風が来ると思い出す。

台風が来たことで、自分の内側にもなにかが吹き荒れるような、情動が揺さぶられるような、あの感じ。

そういえば昔、工藤夕貴が主演した映画「台風クラブ」も、台風が来たことで思春期のクラスメート達の心理状態があやうくなっていく・・・みたいな内容だった気がする。


大人になってしまった今のわたしは、そんなこころの変化を味わうより先に、明日の通勤に影響が出てほしくないなぁ・・・なんてリアルなことを考えてしまうのであった・・・( ̄へ ̄;


水不足だった四国には降ったのかしら?
とにもかくにも日本列島、大事には至りませんように。

|

« ベルナール・ビュフェ展 | Main | ブルーソルト・ピンクソルト »

Comments

嵐の記憶ってたしかに鮮明です。
実家で川が氾濫して床下浸水したとき、
もし床上とか2Fまでとか水が来ちゃったらどうしようって、
そういうときに母親が「ご飯食べられなくなるかもしれないから
今のうちに食べちゃいなさい」って夕飯出すんですけど、
びびってる私は緊張で喉を落ちていかないんですよ。(笑)
よりによって「なんで天ぷらなんだ!食べにくい!」って、
それも具が“イカ”だったなって、覚えているんですよね。

でも無事に雨が過ぎたら今度は全部池になっちゃった庭が
おもしろくておもしろくて、逃げ出した金魚探して遊んでました。
子どもってこんなもんですね。(笑)

Posted by: AKI | August 26, 2005 at 03:44 PM

イカの天ぷら・・・それは食べにくそう(笑)
そういう非常事態の時の出来事は、些細なことでも鮮明に覚えていたりしますよね。
幼い頃の台風の一日は、今思い出してもリアルで、頭も心も覚醒していました。嵐って、人間の原始の記憶を呼び覚ます感覚があるのでしょうかね?単に非日常というのではなく。

わたしも子どもだったら、きっとAKIさんと同じように金魚を探して遊んでいたと思います。
子どもって目の前のことに夢中になれて、遊びの天才。
そういうところ、大人になっても忘れずにいたいなぁ。

Posted by: つるこ | August 26, 2005 at 11:20 PM

確かに台風での早引けや授業中止、嬉しかったですねぇ。
私は台風自体も好きで、停電やら断水やら暴風やらの
非日常的な現象にワクワクいたしました(今でもけっこう
そうだったりしますが(^^;)。
台風クラブはテレビで観ました。当時ブレイク前のバービー
ボーイズの音楽も印象的でした。
(こちらもちょうど台風を題材にしたブログを書いたところ
だったので、TBさせていただきました)。

Posted by: 心の旅 | August 29, 2005 at 02:40 PM

天変地異は、見ず知らずの人達と同じ恐怖体験を味わうということで、不思議な連帯感が生まれたりもしますよね。
先日の地震直後も、同じフロアで話したこともない人達と妙に仲間意識が働いたり、トイレやエレベーターで一緒になる別の会社の人達とも「びっくりしましたよねぇ~」なんて話したりしました。

わたしも台風クラブはテレビで観ました。内容はおぼろげですが。
バービーボーイズの曲が使われていたんですね!
うひゃ~、なつかし~!(世代バレバレですね・・・)

Posted by: つるこ | August 29, 2005 at 09:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/5635453

Listed below are links to weblogs that reference タイフーン接近中:

» 思いは実現する!? [★★★ 心の旅 ★★★]
先日、思いは実現するということを体験しました。現象的にはマイナスと捉えられて し [Read More]

Tracked on August 29, 2005 at 02:35 PM

« ベルナール・ビュフェ展 | Main | ブルーソルト・ピンクソルト »