« 名は体を表さず | Main | ただいま更新中 »

音楽のバトン

つるこのブログによく遊びに来てくださって、
コメントを残してくださるcaetanovさんのブログに遊びに行ってみたら、自分が知らない間にバトンを渡されていた。

音楽バトンかぁ。
とりあえずやってみよう。


■Total volume of music files on my computer:
 (今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

なんてったって超アナログ人間ですから!全然ありません(^^ゞ


■Song playing right now:(今聞いている曲)

  DREAM LAND (PUTUMAYO World Music)

NYソーホーのアパレルショップ「プテュマヨ」のオーナーが、世界中を旅して集めたお気に入りの音楽を自分の店でかけたところ話題になり、「プテュマヨレーベル」というCDレーベルができたらしい。
私はかわいいイラストに弱くて、いわゆる「ジャケ買い」をよくするのだけど、これもそのひとつ。
どのCDもイラストがめっちゃかわいい。
その中でも「DREAM LAND」は、世界中の子守唄が一枚に収録されていて、大人でも、まったりしたい夜や眠る前に聴くといい感じです。
カナダ、ケニア、マダガスカル、アルゼンチン、ブラジル、スコットランドなどに混ざって、沖縄の子守唄も入っています。


■The last CD I bought(最後に買ったCD)

  THE GREATEST HITS (LOVE PSYCHEDELICO)

CDショップのワゴンセールで見つけたもの(少し前のアルバムだからね)
映画「ホテル・ビーナス」を観たときに、テーマ曲や挿入歌にラブ・サイケデリコの曲が流れていて、なんかカッコイイなと思ったけど、サントラ盤は迷って買うのをやめた。
そしたらワゴンセールでベストアルバムを見つけ、聴いてみたら映画で流れていた曲も入っていて、CM曲や聴いたことのある曲もあったりで、かえって得した気分♪


■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me:
 (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

 いっぱいあるよー!
 とりあえず思いついたものから書こうかな。


  SEPARATE WAYS (JOURNEY)

初めて洋楽というものに興味を持ち始めて、ヒット曲をせっせとテープに録音したりしていた頃、この「セパレイト・ウェイズ」を初めてラジオで聴いた瞬間に、全身に鳥肌が立った。
英語だし意味なんてわからなかったけど、何度も何度も聴いては鳥肌を立てていた(マゾ?)
パワフルで切なげなシャウトに胸を締め付けられる感じで、
「あー、大人の恋愛って、いろいろ大変なのかなぁ?」
なんて子供ながらに思っていたっけ。


  ふたりの夏物語 (杉山清貴&オメガトライブ)

懐かしー!!わたしが初めてお小遣いを貯めて買ったアルバムがオメガトライブでしたねぇ。
特にこの曲は「夏!」って感じと、杉山清貴の清々しい声にドキドキしちゃいました。
ザ・ベストテンで連続第1位になった時は興奮して熱出して、次の日学校休みました。(はい、アホなんです)


  SENSITIVITY (RALPH TRESVANT)

社会人になったばかりの頃、当時好きだった人の車でよくかかっていた曲。
この曲を聴くと、会社帰りに夜の高速を飛ばしたこと、その時の夜景やドキドキ感が一瞬で蘇ってくる。
スピーカーも良かったんだろうなぁ、大音量でいろんな洋楽かけていて、なんか車ごと空に飛んでっちゃいそうな夢のような時間だった。

この曲、誰の何ていう歌かも知らなかったけど、だいぶ経ってからテレビで偶然曲名とアーティスト名を知った。
次の日HMVの洋楽コーナーで見つけた時は嬉しかったなぁ。


  berangkat-ブランカ- (THE BOOM)

バリ島にはまっていた頃、帰国してしばらく余韻に浸りたくて、このブランカをよく聴いていた。
現地のガムランやティンクリッの素朴な音とは違うけど、最後にケチャの声とか入っていたりして、なんか旅気分をそそられる。
そういえば「ブランカ」って、インドネシア語で「出発する」って意味だったっけ。
あーーーー、バリに行きたい!!!


  映画「ニューシネマパラダイス」のテーマ

この映画大好き。2時間版じゃなくて、3時間完全版の方。
テーマ曲だけじゃなくて、哀愁のある挿入歌も好き。
それぞれの人の思いや、時間という残酷さとやさしさ。
出てくる人がみんな愛しく思える。
何度も観ているけど、同じところでいつも泣いちゃう。
特にラストシーン。世代を超えた愛、約束を果たすという誠実さ。
毎回子供みたいに「うわーん」って泣いちゃうんだよね~、はは。


というわけで、ほんとは5曲に入れたかった曲、照れくさくて入れなかった曲なんかも色々あるんだけど、自分の音楽史って、これまでのことを思い出せておもしろいね。
こんな機会をつくってくれたcaetanovさん、ありがとう!

そして、

■Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5名)

わたしそんなにブログ友達もいないし、どうしようかなぁ。
でも、やってみると自分のこと振り返られて楽しいし、
よかったら、たまたまこのブログみた人で「自分もバトン受け取りたい」って方がいらっしゃいましたら、「つるこから」ってことでブログに書いてみてください。
この不思議な音楽の輪、どこまで繋がるのかな?

 


|

« 名は体を表さず | Main | ただいま更新中 »

Comments

 バトン受け取ってくれてありがとう!バトンを受け取って渡してみて気づいたことは、音楽を思い出すとその時の自分のことも思い出すっていうことでしょうか?音楽は、キオク装置でもあり、音楽の選択は自分という人間そのものでもある。
 だから、普段、自分が気になってのぞいていたブログの筆者が、どんな音楽を選ぶのかなあって、すごくそのことを愉しみにしている自分に気がついた。
 カエターノのCDジャケ買いだったとか、つるこさんの恋愛と似たような車の中の音楽とか、ニューシネマパラダイスのトトとアルフレッドとか、自分のことも全部思い出した。
 音楽バトン流行っているみたいだけど、一番初めに考えた人、面白い人だなあ。ブログ遊びっていうのかなあ。

Posted by: caetanov | June 27, 2005 at 06:07 AM

ミュージカルバトンとも言うみたいですね。
音楽と共に、色んな思い出が蘇ってきて、その時の情景や心情も蘇ってきました。
ここには挙げなかった曲もたくさんあって、なんか久しぶりに昔のCD引っ張り出して聞いてみようかなって感じです。
とりあえず今日は頭の中に「ブランカ」が流れていました。
ランチもインドネシア料理に行ったし、気分だけはバリニーズでございます♪

Posted by: つるこ | June 28, 2005 at 08:22 PM

All trophies can be unlocked with a simple click and you could boost your points account only with these clash of clans hack!

Posted by: clash of clans free gems no survey ipad | June 01, 2015 at 05:15 PM

Thanks for sharing such a fastidious idea, piece of writing is good, thats why i have read it entirely

Posted by: Spencer | July 12, 2015 at 10:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/4714513

Listed below are links to weblogs that reference 音楽のバトン:

» ソトコト【当選 】グリーンエナジー [ECO-LOHAS .net]
ソトコト8月号【当選 】グリーンエナジー。 以前プテュマヨのCDを買った時に 「プテュマヨ スローライフ音楽キャンペーン」という 応募はがきがついてきたので送ってみたことを思い出しました。... [Read More]

Tracked on July 21, 2005 at 12:07 PM

« 名は体を表さず | Main | ただいま更新中 »