« 新しい瞬間 | Main | 気がつけば3日前から »

ココロの言の葉

想いを言葉に置き換える。

ブログを始めて、久しぶりに文章を書く機会をもった。

わたしはけっこうマイペースでぼーっとしている。
でも、昔から色々感じやすい方だったと思う。

その場の空気とか。相手の気持ちとか。
色々感じすぎたり、気にしすぎたり、考えすぎたり、
そうすることで黙り込んでしまうところがあった。

言葉で表現するのが苦手だった。
想いを伝えることが怖かった。
相手にどう思われるか、どう思わせるか、それが怖くて、殻にとじこもってしまったりした。

特に思春期は、コンプレックスのかたまりだった。

とても感情に波があったと思うし、バランスをとるのが難しかった。

そのくせ顔に出やすいから、やっかいなこともたくさんあった。

興奮してくると身振り手振りが激しくなるし、想いを伝えるためなら言葉以外を駆使してでも相手に届けようとするもんだから、結局何を言っているのかわからなくなる。

でもなぜか、大抵相手は「もう充分伝わってきたよ」と言ってくれた。
たぶん、言葉以外の何かが届いていたんだと思う。

そんなわたしも社会にでたり、いろんなことがあったりするうちに少しずつ変わってきた。

そして今思う。

あれほど言葉で表現するのにためらっていたのは、単に若かったから、怖かったから、ということもあるだろうけど、きっと「言葉では表現し尽くせない」ということに気がついていたのかもしれない。

だからわたしは絵を描いたりピアノを弾いたり作文を書いたり、とり憑かれたように盆踊りを踊るおかしな少女だったのかもしれない。

そうすることで、言い尽くせない何かを発散させて、バランスをとっていたのかな。


こうしてパソコンに向かい、文字を重ねる。

これは言葉でありながら、口に出して話すそれとは、少し違う。

こころの声、なのかな。
画面に向かっている時、とてもこころはしんとしている。
むりやり文字を絞り出すでもなく、手が勝手に動いている。
手とこころが連動している。

ブログは今のわたしにとって、こころの体操なのかな。
画面に向かっていながら、わたしは自分と向き合っている。
放っておいたら滞ってしまいそうなこころを解放してあげる時間。

そして、こんなわたしのつぶやきを、どこかで読んでくれる人がいる。

こうして繋がることも、出逢いです。読んでくれてありがとう。

つるこのたわごとでした。

|

« 新しい瞬間 | Main | 気がつけば3日前から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74675/4085531

Listed below are links to weblogs that reference ココロの言の葉:

« 新しい瞬間 | Main | 気がつけば3日前から »